共働き家庭おすすめ家電:働くママが楽するための強力家電

 

妹夫婦が共働きをしてます。子供が二人いて旦那は普通のサリーマン、妹は看護師。

 

妹が我が家に来るといつもボヤいているのが、旦那が家事を全然手伝ってくれないということ。子どもたちの送り迎えから、家事全般全部妹がやりくりしてるそうで毎日が大変だと疲れた顔して元気にボヤいてます。

 

その共働きで大変な思いをしてる妹を援護するために、仕事に子育てに忙しい働くママに楽してもらう強力おすすめ家電を今回はご紹介します。

 

ありきたりな時短家電などは除外

 

今回のような共働きの家庭でおすすめ家電を紹介する記事というと、たいてい次のようなものが紹介されていることが多いように思います。

 

お掃除ロボット

食洗機

洗濯乾燥機

 

今回はこのような、誰しもが思い浮かぶようなおすすめ家電は除外することとしました。共働きの家庭で、お掃除ロボットや食洗機、洗濯乾燥機があったら働くママが楽できることは明白すぎる事実なので、それらをわざわざおすすめ家電として紹介するのはワタシ的には無しにしたいと考えました。

 

それで、少し見方や切り口を変えて、共働きの働くママを楽にしてくれるおすすめ家電を今回は取り上げました。

 

衣類スチーマー

 

洗濯をしたあとに、衣類を乾燥させてそのままクローゼットやタンスに保管・・・これで終われば良いのですが、洗濯物の中には「アイロンがけ」が必要なものもあります。

 

我が家の場合は、シャツやパンツ、あとハンカチなどにもアイロンをかけますが、このアイロンがけが地味に時間をとります。

 

アイロンとアイロン台を出してきて、セットしてアイロンの電源を入れてからしばらく待機。それから、シャツなどにアイロンをかけていきますが、素人がかけるアイロンですからシャツ一枚でも結構な時間かかります。

 

それを手間をかけずにかんたんにしてくれるのが「衣類スチーマー」です。

 

 

昔テレビを見てたときに、芸能界の裏側を取材した映像で、芸能人の方の衣装を扱うスタイリストさんが出番前のタレントさんの衣装のシワをこの衣類スチーマーを使って瞬時にシワ伸ばししてたのを見たことがあります。

 

おそらく、芸能界などで衣装をあつかうスタイリストさんは時間との戦いの現場で、ゆうちょうに衣装にアイロンをかけている暇などなくて、衣類のシワ伸ばしはスチーマーを使うようになったのではないでしょうか?

 

電気調理鍋・電気圧力鍋

 

この電気調理鍋や電気圧力鍋って最近注目されているように思うのですが、家電の趨勢にはあまりくわしくない私の感覚なのですこし的はずれかもしれません。

 

しかし、この電気調理鍋や電気圧力鍋は最初聞いてたときはそれほどその便利さを実感できなかったのですが、実際に使ってみると超便利な家電であることが体感できると思います。

 

特に私がおすすめなのが、電気圧力鍋です。なぜ今までこの電気圧力鍋がなかったのかと思うほど一度使うとその便利さに笑顔になります。

 

とくにカレー好きな私にはこの電気圧力鍋は超最高家電になりました。煮込み料理のカレーがこの電気圧力鍋で作るとびっくりするぐらいおいしくできます。

 

きっと日本中にあるカレー屋さんの何件かは絶対にこの電気圧力鍋を使ってカレーを作ってると思います。(笑)光熱費も抑えられるし、時短にもなるし、美味しくできるしいうことなしです。

 

 

調理用マルチチョッパー

 

料理をするときに、野菜や肉の下処理って結構時間をとられます。

 

野菜のみじん切りなんかは、包丁でやってると家族5人分の量をみじん切りにしようとするとそれだけで調理時間の多くをさくことになります。

 

そういったときに、このマルチチョッパーを利用すると簡単、スピーディーに調理ができます。

 

この手のチョッパーやミルは使ったあとのお手入れが大変なものが多いですが、この下記のタイプの機種は非常に取扱いもしやすいしお手入れも簡単なので忙しい共働きの働くママにはおすすめの調理家電です。

 

 

超音波歯ブラシ

 

今年は歯科検診受けられましたか?歯科検診を受けて虫歯は見つからなかった方でも、歯石が結構たまっていると指摘された方って結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

その歯石をそのままにしておくと・・・恐ろしい歯周病になってしまうんですよね。

 

その歯石がつかないように毎日の歯磨きでしっかり歯垢を落とす必要がありますが、普通の歯ブラシで歯磨きすると、その歯垢をきれいに落とすには、歯科医師や歯科衛生士さんなど歯のプロの方が歯磨きしてどんなに早い人でも「15分」かかると言われています。

 

共働きの働くママにとって、この「15分間」ってとても貴重な時間ですよね。そんなに時間かけて歯磨きしてられないという働くママさんがほとんどだと思います。



<スポンサードリンク>



 

そういった方は、歯垢が残ったままになって歯石がつき歯槽膿漏や歯周病への道へと近づくことに・・・。

 

歯周病になると口臭も大変です。

 

なので、そういった問題を解決してくれるのが音波歯ブラシではないかと思います。自分ではなかなかブラッシングできないで残ってしまいがちな部分の歯垢を短時間できれいに落としてくれるのは働くママにとっては強力な味方になってくれると思います。

 

ワタシ的には、この音波歯ブラシと歯間ブラシ、そしてリステリンの三点セットがおすすめです。

 

 

コンパクト洗濯機

 

次におすすめする共働きの働くママにおすすめしたいのが、コンパクト洗濯機です。

 

冒頭でも書きましたが、洗濯乾燥機ではありません。

 

このコンパクト洗濯機をなぜおすすめするのかというと、家族がうちのように5人もいると洗濯するのも色柄物を分けてあらったり、家事を全然手伝ってくれない旦那の下着や靴下は分けて洗濯したかったりします。笑

 

そういうときに、洗濯機が1台だとメインの洗濯は通常の洗濯機でやって、分けて洗いたいものはコンパクト洗濯機を使って洗濯をするということが出来ます。

 

これって、結構考えるよりもかなり洗濯にかかる時間の短縮になるんですよね。

 

ちょっと家族の人数が多いという共働きのご家庭では検討されてみる価値はあるとおもいますよ。

 

 

以上が今回私が共働きの働くママさんにおすすめしたいお助け家電になります。この記事が出来たら、妹にも記事を見てもらうようにする予定です。

 

家電以外でも色々と工夫できる!

 

共働きの働くママさんはとにかく時間がないことが一番の問題になっているのではないかと思います。

 

今回ご紹介した家電でもいくらか楽はできるかと思いますが、それだけではやはり働くママさんにとっては不十分ではないでしょうか?

 

それで、家電以外にもいくつか楽をできる方法を最後にご紹介して行きたいと思います。

 

買い物の時も安さではなく「時間を買う」意識を!

 

普段食料品をスーパーに買いに行くときに私は商品の安さよりも、時間短縮というか「時間を買う」意識を持って買い物をすることが多いです。

 

たとえば、今回調理家電でマルチチョッパーをご紹介しましたが、同じ考えで私は野菜をスーパーで買うときにそのままの形の野菜をあまり購入しません。

 

たとえば、キャベツをまるごと購入したりはせずに「カット野菜」を購入することが多いです。

 

カット野菜だと、野菜をまるごと買ってきて調理するときにそれぞれの野菜を洗って、皮をむいたりしてから、カットする。この時間が共働きの働くママには非常にもったいないと思います。

 

一回の料理で節約できる時間は数分かもしれませんが、それを1年間で計算するとどうでしょう?とんでもない時間の節約になりますよね?

 

ゴボウなども私は、土がついた長いままのゴボウをほとんど購入したことがありません。ささがきにしてあるものか、スライスしてあるゴボウを購入します。

 

豚汁などを作るときも、豚汁の材料をひとつひとつ揃えるのではなく、「豚汁用の具」を購入してきてそれで豚汁を作るようにしてます。

 

ハンバーグもスーパーのお肉コーナーで「焼くだけのハンバーグ」を購入して料理します。これを電気圧力鍋に入れて煮込みハンバーグ作ることが多いですが、ひき肉買ってきてパン粉と練って、丸めて焼いてから煮込みハンバーグ作ってたらそれは時間がかかります。

 

なので、スーパーで料理用の食材を購入するときに時間を買う意識をもたれて食材をそろえると知らず知らずのうちに空いた時間ができてたりするのではないかと思います。

 

子供を味方にする!

 

うちは娘が二人います。一人が中学生でもう一人が小学生です。上の子は、ぼちぼち料理を手伝ってくれるようになって助かってますが、まだ一人で夕飯の準備は無理っぽいです。

 

しかし、料理以外でも例えばクリーニングに出してたものを学校の帰りに取りに行ってもらったりしてます。

 

買い物も必要なものをメモしてお金を渡しておくときちんとスーパーで購入してくれて助かってます。

 

働くママでお子さんがいらっしゃる共働きご家庭では、積極的にお子さんを味方につけて助けてもらうのは全然ありだと思います。

 

うちの妹のところも娘が二人と男の子が一人いますが、まだうまく味方につけてない感じです。w

 

もうお手伝いができる年齢なので、旦那が家事を手伝ってくれないとボヤいてる時間があったらお子さんを味方につけて少しでも家事の手助けをしてもらえるようにコミュニケーションをとるようにすると、かなり毎日のお生活が楽になると思うのですが・・・。

 



<スポンサードリンク>