台風が来る~ぅ!結婚式は中止?過去の結婚式当時台風が来た時の対応事例

 

今年は台風の当たり年というのでしょうか、かなりのハイペースで台風が日本近辺にやってきています。

 

これだけ頻繁に台風が発生すると、荒天により様々なイベントごとが中止になるケースが多くなっているようです。

 

予定していたイベントが中止というのは、参加される方の安全を考えると当然のことだと思うのですが、中には台風が来ていても中止しようにもできないケースがあります。

 

その筆頭に挙げられるのが

 

結婚式

 

結婚式は式場をおさえて、色々な打ち合わせや準備をして、式が始まる前にお金と人件費がすでにかかってしまっているので、台風が来てるからとそうやすやすと中止や延期するのが難しいかと思います。

 

それで、今回は過去に結婚式当時に台風が接近、または直撃の状態だったときに、その結婚式がどのような対応をしたのかについて調査してみました。

 

これから秋口にかけて一年を通して一番台風が日本に接近する確率が高くなるので、同じような状況に遭遇される新郎新婦もいらっしゃるのではないかと思いますので、過去の事例を参考に結婚式の対応を考えてみてください。

 

台風が来ても基本結婚式は中止せずにやる事例が圧倒的に多い

 

過去の事例を調べてみると、結婚式当時に台風が来ている場合、ほとんどのケースで結婚式を中止することはせずに、出席できる人だけで式をとりおこなうパターンが多かったです。

 

台風がきていても結婚式を中止しない一番の理由はやはり「金銭的」なものではないかと思います。

 

仮に台風が来ていて事前に結婚式を中止するとなると、式場のキャンセル料が発生することとなり、高額なキャンセル料を支払ってしかも結婚式が挙げられなかったとなると新郎新婦が一番悲しいのではないでしょうか?

 

延期するとしても、料理やウェディングケーキは延期する日にそのまま使えないのでこれもキャンセルと同じような感じで、料金を取られることになると思います。

 

それを考えると、台風を押しても結婚式に参加できる人だけを集めて、そのまま式を強行するケースが多いようです。

 

 

 

 

台風がきても結婚式を中止しない場合の対処

 

過去に台風が来てても、結婚式を中止せずに強行開催したケースでは、結婚式の当時に台風が接近するケースの場合、以下のような対処をされている方がいらっしゃいました。

 

天気予報で結婚式当時に台風が最接近するとのケースでは、前日に式場近くのホテル前泊してもらう事例がありました。

 

参加してくださる方で、事前い前乗り出来る方に声をかけて、「前泊分の宿泊費を出すので、前乗りできる方はホテルをお取りします」ということで、事前に式場の近くに宿泊してもらうケースがありました。

 

 

 

 

ホテルや駅から結婚式場までのタクシーを準備

 



<スポンサードリンク>



 

前乗りして式場の近くに宿泊していただいた方には、結婚式当日、台風の中で結婚式場まで移動してもらうことになるので、事前にタクシーを準備されている方がいらっしゃいました。

 

また前乗りできない人でも無理をして電車を使って結婚式に参列するという方にも、最寄りの駅から式場までタクシーで移動してもらってその分のタクシー代はお支払するとの事例もありました。

 

駅で降りて、タクシーに乗り換えるとき台風の暴風雨の中での乗り換えが、雨に濡れずにできる駅だとよいのですが、駅の構内からタクシー乗り場までが雨風が防げないところだとタクシーに乗るのが大変だと思います。

 

 

 

 

台風で結婚式を中止したケースも数は少ないがある

 

不運にも台風の接近で結婚式を中止したケースも過去には数は少ないようですが、あるようです。

 

一つの例として、沖縄で結婚式を挙げるように予定してたものの台風の接近により飛行機が飛ばず、本土から出席する予定の人が全員参加できずあえなく中止にしたとの新郎新婦がいらっしゃいました。

 

あと、同じく沖縄で式を挙げるようにしてたものの台風により飛行機がとばず仲人夫婦と新郎新婦の父母が沖縄に入れず中止となったケースもあるようです。

 

極めつけは、新郎新婦が飛行機が飛ばずに沖縄に入れず結婚式が中止になったケースもあるようです。

 

台風は自然相手なので、人間の力ではどうすることもできません。

 

あと、結婚式に参加する方で沖縄まで格安航空券のLCCのチケットをとっていたものの、台風でフライトが欠航となったのですが、台風が足早に通過するようだったので振替便を用意してもらって沖縄入りを考えていたのがLCCはフライトが欠航した場合のふりかえ輸送というのがないみたいで、結局沖縄に入れず結婚式に出席できなかったという人もいました。

 

 

 

 

台風で結婚式を中止にしないために考えておくべきこと

 

今回色々と調査して思ったのが、人生で大切な結婚式を台風襲来によって中止せざるをえないとか、これから新郎新婦が人生の門出を迎えようとしてる時に非常に悲しい出来事だと思います。

 

このような悲しい事態を避けるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

答えは簡単ですね。台風が日本に接近しやすい時期に結婚式を予定しないことです。

 

夏場から秋口にかけて台風が日本に接近することが多い時期には極力結婚式をあげないようにした方が懸命です。

 

仕事の都合などでどうしても、台風シーズンにしか結婚式を挙げられないというのであれば、思い切って日本を離れて海外で挙式をあげるのもありではないでしょうか?

 

日本で台風襲来により結婚式が中止になったり、延期したりした場合のキャンセル料などの費用を考えると、思い切って海外で挙式をあげる方が安くつくかもしれません。

 

近年、温暖化のせいか気候の変調が顕著で今年は冒頭にも書いたように台風の発生数がとても多く、異常な進路をとった台風もありました。

 

その辺もかんがみ、台風シーズンには極力結婚式を予定しないようおすすめします。

 



<スポンサードリンク>