スーパームーンに願い事をする時と願い事が叶った時にやるべき事

 

スーパームーンに願い事をされる方が近年多くなっています。

 

しかし、願い事をされた方の多くが願い事が叶わなかったとか、また願い事が叶ってもある大切なことをやっていない事に気づいてないようです。

 

それで今回はスーパームーンに願い事をするときのポイントと、その願い事が叶ったときにやるべきことについてご紹介していきます。

 

スーパームーンに願い事をするときのポイント

 

スーパームーンに願い事をされる方の多くはかなり大雑把で雑な感じで願い事をされているように感じます。

 

「こうなって欲しい」という自分の願望だけかなえばよいみたいな、身勝手な心持ちでスーパームーンに願い事をしても、なかなかその願い事が叶うことは少ないと思います。

 

私がおすすめするスーパームーンへ願い事をするやりかたですが、まず願い事の内容を十分吟味する必要があると思います。

 

極端な話、スーパームーンに願い事をしても叶わないことをいくら強く願ってもその願いが叶うことはありません。

 

例えば、亡くなったペットを生き返らせてほしいとか、仕事で失敗した過去を消しさってほしいといった、現実の世界で実現不可能な願い事はスーパームーンにいくら願っても叶うことはありません。

 

まずはその辺の「願い事が現実的に実現可能なことかどうか判断」するところから始めましょう。

 

このように書くと、ご自身で実現不可能だと判断したものは、全部スーパームーンにお願いできないと考えられて、例えば

 

①偏差値40だから東大に合格するなんて絶対無理

②野球はそれほど上手じゃないのでメジャーリーガーになるなんて絶対無理

 

こういったことは、自分自身で最初から不可能と決めつけてしまっているだけで、全く実現不可能なことではないですよね?

 

なので私は、この種の願い事は逆にスーパームーンにお願いする価値があると思います。しかし、その願いを実現するには多大な労力と時間が必要となるでしょう。

 

いきなりこのレベルの願い事をスーパームーンにお願いしてもおそらくその願い事が叶う人はごくごく僅かだと思います。

 

なので私がおすすめしたいのは、まずは身近な小さなお願い事からスーパームーンにお願いすることです。

 

大きな願い事を細かく分解して、その中で一番小さな願い語をまずはスーパームーンにお願いしてみましょう。

 

その願い事が叶ったら、次の小さな願い事をお願いして順番にお願いして一つ一つ願いを叶えていく方法を私はおすすめします。

 

しかし、スーパームーンはだいたい1年に一回のことなので、小さなお願いを1年に一回ずつやっていても、最終的な大きな願い事がなかなか叶うことができないかと思います。

 

そこで、きちんと最初に計画をたてることが大事になります。大きな願い事を叶えるのを10年先だと予め設定して、それから逆算んして今回はこの願い事をして、その次のスーパームーンではこの願い事というふうに事前に割り振っておくとよいでしょう。

 

この予定は途中願い事が叶わなかったりした場合、修正して計画を見直すとよいでしょう。



<スポンサードリンク>



 

そうしてひとつずつ願い事を叶えて、最終的な大きな願い事の実現をめざすのがワタシ的にはおすすめです。

 

 

願い事は叶った時のことをイメージしてさらに紙に自分の手で書いてお願いする

 

これはスーパームーンにお願いするときによく言われていることですが、お願い事をするときに「○○ができるようになりますように」とか「あこがれの○○が入手できますように」みたいな願いの仕方をしないということです。

 

スーパームーンにはあなたの願い事が叶った体でお願いしましょう。先程の例でいうと「○○ができるようになりました。ありがとうございます。」とか「あこがれの○○が入手できました。」みたいにすでに願い事が叶った状態のことを紙に書き出してお願いする感じになります。

 

初めての方は「願い事が叶った状態のこと」をスーパームーンに願うことに違和感があると思います。しかし、これはある有名な別の方法とそっくりなやりかたになるんですね。

 

「引き寄せの法則」ですね。欲しいものやこうなって欲しいという事を具体的にイメージしてそのことを紙に書いて目立つところに貼って日常生活を送るというやり方です。

 

この時、欲しいものがあれば実際にそのほしいものをお店にいって手にとって見るとよいと言われます。乗りたい車があれば、ディーラーに行って、その車に試乗する。そうすることで、あなたの願い事がリアルに感じられ願い事を叶えることに近づくと言われています。

 

そうやって、ほしいものを手にしたり、試乗した車の写真を撮って、願い事を書いた紙にに貼り付けておくと効果的だと言われています。

 

実際に欲しいものや車の写真だけではなく、ほしいものをあなたが手にしてるところの写真や、ほしい車のハンドルを握ってる写真などが効果的です。

 

あとは、欲しいものを実際に使ってる所や車を運転してるところを頭でイメージするとさらに効果的ですね。ほしい車にのって音楽を聴く自分の姿をイメージするのではなく、車に乗ってエンジンをかけて、車のオーディオ機器のボタンを操作してあなたの好きな曲を流す・・・そのリアルなシーンを頭で思い描くのです。

 

そのためには、自分がほしい車のオーディオ機器に関する知識がないと具体的に機器の操作をリアルにイメージできないので、その辺は実際に試乗されたときに確認したり、取扱説明書で事前に確認しておく必要があります。

 

こうやって臨場感をもたせるイメージングというのが、非常に願い事を叶えるうえにおいて大切になってくるので、おさえておきましょう。

 

 

スーパームーンで願い事が叶ったあとにやっておきたい事

 

スーパームーンにお願い事をして、はれて願い事が叶ったとします。多くの方は、願い事が叶った時点でスーパームーンのことが頭から離れてしまっていることが多いようです。

 

スーパームーンにかぎらず、様々な願掛けで一番大事なことって、願いが叶ったあとの「お礼」だと私は思います。

 

お願い事をしておいて、願いが叶ったら知らん顔・・・ではもうその人にはスーパームーンは振り向いてくれないようになるのではないかと思います。

 

願い事が叶ったあとに、「感謝の気持ち」をスーパームーンに対して持てないと、その方は自分勝手な人生を歩み出しその後、少しずついろんなことで上手くいかないことが出てくると思います。

 

その辺のことは、ちゃんと「お天道様」だけでなく「お月さま」もきちんとあなたの行動を見ているのです。

 

感謝の気持ちと謙虚さを忘れると人間、人生の坂道をゆるゆると転げ落ちていきます。

 

なので、スーパームーンに願い事をしてその願いが叶ったら、きちんとお月さまに願い事が叶ったことを報告して、きちんとお礼をお伝えしましょう。

 

そんな事をして何の意味があると、スルーして人生大きく棒に振った先人が沢山います。このことに疑問を持たれる方は、歴史を紐解き先人の悔いた気持ちを読み解いてみてください。

 



<スポンサードリンク>