おもちゃの消毒:お風呂で使うおもちゃもこの方法ならよさげ!

 

子供が一人でお風呂に入るようになると、お風呂場におもちゃがたまるようになっちゃいませんか?

 

お風呂を嫌がる子だと、どうしても気を引くためにおもちゃの力を借りるようになってしまいます。

 

その子どもたちの気を惹いてくれるおもちゃも、お風呂場に放置しておくとカビがはえたりするので、それを子供が直接手で触れるとなると「おもちゃの衛生管理」が大切になってくるかと思います。

 

そこで、今回はお風呂場にたまっている子供が使うおもちゃの消毒について記事を書いてみたいと思います。

 

台所用の塩素系漂白剤(キッチンハイター)などでお風呂場のおもちゃを消毒するのはありなのか?

 

今回テーマにとりあげたお風呂場で子供が使うおもちゃの消毒に関してネットで調べてみると、私が気になるある方法が結構目につきました。

 

そのある方法とは、台所で使用する「食器」や「ふきん」を消毒するのに使用する塩素系の漂白剤を使用する方法です。代表的なのはキッチンハイターですね。

 

このハイターをバケツに入れた水の中に適量入れて、その中にお風呂で子供が使っているおもちゃを浸して「消毒」するという方法です。

 

私はこれでも消毒という観点からは良いように思ったのですが、ハイターって漂白剤ですよね。そのハイターには漂白するための成分である次亜塩素酸ナトリウムって結構強烈な成分だと耳にしたことがあります。

 

その話を耳にしたのは、冬場にノロウイルスが流行したときに、対策としてこの次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が各方面で紹介されていました。

 

消毒と聞くと、多くの人は病院などで注射を打つときに使用する「アルコール」を思い浮かべるかと思いますが、「ノロウイルス」はアルコールでは「消毒できない」んですよね。

 

よってアルコールよりも次亜塩素酸ナトリウムの方が強力なのかなというイメージが私は頭に残っていました。

 

それで、その次亜塩素酸ナトリウムが結構な濃度で入っているハイターを使って、子供がお風呂で使うおもちゃの消毒をするとなると・・・。

 

人形みたいなものだとつけ置きしたあとに、水道の流水できれいに流せばそれほど問題ないと思うのですが、子供が大好きな「水鉄砲」みたいなやつが私は大丈夫かなという気持ちになりました。

 

その理由は、つけおきしたときに次亜塩素酸ナトリウムの成分が水鉄砲の内部に入って、水道水ですすいでも、水鉄砲の中にその成分が残ってしまうのではないかということです。

 

その成分が残ったままの状態で子供がお風呂に入ってまたその水鉄砲で遊ぶことを考えると・・・

 

子供の安全を考えると、その辺の懸念がある方法ではお風呂場のおもちゃを消毒するのは親としてできないと私は考えました。

 

それでは、お風呂場のおもちゃの消毒はどうしたらよいのか?

 

子供が赤ちゃんの時に使っていたミルトンを使ってお風呂場のおもちゃの消毒を採用

 

それで何か別の方法がないものか色々調べていたら、キッチンハイターと同じ「次亜塩素酸ナトリウム」を使った消毒液で子育て経験があるママならだれしもが知ってる「ミルトン」を使用した方法がひらめきました。

 

ハイターと同じ「次亜塩素酸ナトリウム」なら、さきほど書いたように水鉄砲などの中に成分が残って駄目なんじゃないかと思ったのですが・・・こちらは大丈夫みたいなんです!

 

どういうことかと言うと、次亜塩素酸ナトリウムの「濃度に大きな違い」があるんですね。

 

その濃度は



<スポンサードリンク>



 

キッチンハイター・・・約6%

ミルトン・・・・・・・約1.1%

 

さらにミルトンの場合は、80倍に水で希釈して使用するのでつけ置きしたあと「水道水ですすぐ必要がない」んですね。ここが、ポイントだと思います。

 

なので、子供がお風呂場で使うおもちゃの消毒は我が家ではミルトンを使うようになりました。つけておくだけで、水道でのすすぎがいらないので手間もはぶけます。

 

ミルトンで消毒できる材質・製品について確認してみた

 

赤ちゃんが使う哺乳瓶などを消毒するのに使用するミルトンですが、お風呂で子供が使うおもちゃにも使えるものかと、使用できる材質や製品に関して調べてみました。

 

そうすると、ミルトンの公式サイトにちょうどよいページがあったのでそちらのページにリンクを貼っておきます。

 

■ミルトンで消毒できる材質と製品を教えてください。

https://milton.jp/ekitai/faq_answer017.html

 

 

<使用できるもの>
 
【素材】陶器、ガラス、プラスチック製品(ポリカーボネート、ポリプロピ レン、ポリエチレン、アクリル樹脂、ABS樹脂等)、ゴム(※ ただし、天然ゴムは劣化が早まる可能性もあります)

 

【製品】哺乳びん、乳首、ストローマグ、食器、カトラリー、さく乳器、 プラスチック製のおもちゃ等

 
<使用に適さないもの>

ステンレスを含む金属製品、一部プラスチック製品(メラミン樹脂、フェノール樹脂、ポリウレタン等)

※ 金属腐食性、漂白作用があります。使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。

 

 

このメーカー側の説明を見る限り、一般的なお風呂場で子どもたちが使用するおもちゃは消毒しても大丈夫みたいですね。

 

金属が入っているものは腐食などの可能性があるのでできないようですが、うちの自宅にあるものは全部100均のやつなので大丈夫だと思います。

 

 

お風呂で使っているおもちゃに「カビ」がはえたら新品に交換したほうが吉

 

あともう一つ、お風呂で子供が使うおもちゃを上記のように消毒していても「カビ」がはえてしまうことがあるかと思います。

 

そういったときに、そのカビをなんとか取り除こうとするママさんがいらっしゃるかと思いますが、私はそのやり方には賛成できません。

 

お風呂場で一旦カビが生えたら、カビ取り剤などを使って一旦はきれいになったように見えても、カビはまだ残っています。

 

カビ取り剤もハイターやミルトンと同じで次亜塩素酸ナトリウムが入っていますが、これはカビを取り除く成分ではなく、「漂白」するための成分だと思います。

 

まさに「カビを白くというか脱色しただけ」なんですね。

 

なので、子供がお風呂場で使うおもちゃにもしカビがはえたら、私だったら見つけた時点で廃棄処分して、新しいおもちゃを買いに100均に子供と一緒に行くことになるかと思います。

 

 



<スポンサードリンク>