夏マスクは肌荒れを呼ぶ!アゴ下吹き出物対策

2016-08-26_144718

 

今週に入って風邪を引いてしまいました。夏場に風邪をひくなんて何年ぶりでしょうか。

 

喉の痛みと若干の咳が出る症状で、私はいつものように「マスク」を着用するようにしたんです。

 

それが二日目ぐらいから、顎(あご)の下のあたりに吹き出物が出来てしまい風邪で免疫力が低下してるのであろうと思っていたんです。

 

ところが、翌日またアゴ下の別の箇所に吹き出物が・・・。そこで遅まきながら私は気付きました・・・

 

「あっ!この吹き出物はマスクのせいだ」

 

今回夏場に風邪を引いたときなどにマスクを着用する時に肌荒れや吹き出物が出来ないような方法を自己流ですが考えてみました。

 

夏のマスクは着用部分に汗をかきやすくなり不衛生→雑菌繁殖⇒肌荒れの連鎖を呼んでるような気がする

2016-08-26_144833

 

私は幼少の頃から風邪を引いたらマスクを着用することが習慣化しています。

 

なので今回夏真っ盛りでしたが、喉の異変を察知した時点でなんのためらいもなくマスクを着用しました。

 

着用して別段これまでとなんの変化もないように思っていたのですが、外出して炎天下の中でマスクを着用してる際に、口元が暑苦しく感じました。

 

外気温35度を超えるような灼熱の太陽の下でマスクをしてれば暑いと感じるのはあたりまえですよね。

 

それで今回気がついた顎下の吹き出物ですが、どうもマスクの端にそって2つ出来たようで、そのことからこれは暑い時期にマスクをして汗をかいたことが原因なのではないかと思い感じた次第です。

 

よくよくマスクをチェックしてみるとお昼のランチ前のころにはかなり汗でしっとりしていて、昼食後に体温が上がる時点でまた顔から汗が噴き出るのでその汗をまたマスクが吸収してしまいます。

 

その状態でマスクを一日着用してると、マスクの汗で湿った部分ってかなり不衛生な状態になってると思います。

 

もっと言えば、雑菌がかなり繁殖しているのではないかと・・・・。

 

そんな状態であれば、顎下に吹き出物ができて肌荒れしてもまったく不思議ではありませんよね。

 



<スポンサードリンク>



その悪循環はなんとか断ち切りたいので、自己流でこの夏場のマスクによる肌荒れ対策について考えてみました。

 

私が考えた夏場のマスクによる肌荒れ対策

2016-08-26_144807

 

まず着用するマスクを見なおしてみました。これまで私はマスクを購入するときは顔にしっかり密着するタイプのマスクを選んでいました。

 

顔のほぼ半分を覆い隠すようなタイプで、鼻のところにワイヤー?針金のようなものが入っているタイプで鼻元からからの空気の侵入を防ぐタイプのものです。

 

よく花粉症対策とかインフルエンザが流行した時に注目され売れるタイプのマスクです。

 

今回もこのタイプのマスクを着用してて、冷静に考えてみるとこのタイプは密着率が高くて高温多湿の夏場に着用するのはかなり厳しいと感じました。

 

なので、ドラッグストアに行ってガーゼタイプの昔ながらの小ぶりのマスクを購入して着用することに・・・。これで顎下に汗がたまったりすることは防げます。

 

あと大事なのはマスクを清潔に保つために、毎日新しいものに交換するのがよいように思いました。もっと言えば、一日に数回新しいものに交換するのもありだと思います。

 

これ当たり前なんでしょうが、冬場なんかだと私は前日着用してたマスクをそのままかけて外出することがあるので、ついそのくせが今回出て2日続けて同じマスクを使用してしまいました。

 

それと、マスクを清潔に保つのと平行して顔、お肌も清潔に保つ必要があると思います。夏場にマスクを着用してるときは、汗をかいたなと思ったら小まめに洗顔するのがベストではないでしょうか。

 

かいた汗をそのままにしておくとどうしても夏場は雑菌が繁殖しやすいといいます。それを防ぐためにこまめに洗顔することでマスクがあたる部分の肌を清潔にたもとうということです。

 

メイクしてる女性や、男性などでも仕事の関係上そんな頻繁に洗顔できないという時には化粧品メーカーなどが発売してるフェイシャル・ペーパーなどで汗を拭き取るだけでもかなり違ってくるかと思います。

 

今回のまとめ

2016-08-26_144743

 

夏風邪などを引いてマスクを着用すると、暑さのせいで汗をかきやすくなります。その汗がマスクにしみこみ顎下などが常時しめった感じに・・・。

 

それが原因と思われる肌荒れや吹き出物ができたことから、夏場にこのパターンでの肌荒れを防ぐための対策を考えてみた・・・。

 

まとめ

1.密閉度の高いマスクは着用をさける
2.できればいつもより小さめのマスクをする
3.マスクは毎日交換する
4.肌を清潔に保つために小まめに洗顔する

 

あと、昨日から風呂あがりに吹き出物ができた箇所にベビーパウダーをつけるようにしています。

 

今回は夏場にマスクをするときの話題について書かせていただきました。

 



<スポンサードリンク>