夏バテ症状で筋肉痛?激しい運動せずに夏に体に痛みを感じたら要注意

 

人間年齢関係なく、普段と違った体の使い方をしたり、少しハードな筋トレなどしたら翌日以降に体が痛くなることがありますよね?

 

人はこの現象を「筋肉痛」と呼びます。

 

自宅の模様替えでタンスなどの家具の移動
社内の運動会で久しぶりに全力疾走
夏場に向けてシェイプアップしようと筋トレ

 

このような事を全くやってないのに、夏場にある日突然「筋肉痛」があなたの体を襲う・・・・

 

今回は夏場に注意したい筋肉痛についての情報になります。

 

夏場特段運動もしてないのに筋肉痛の症状が出たら「夏バテ」のシグナルかも!?

2016-07-02_183332

 

筋肉痛が夏バテの症状の一つであることをご存知でしょうか?

 

夏バテの症状というと

 

食欲不振
体のダルさ
疲れがとれない

 

こういった症状がよく知られているように思いますが、その症状の中に「筋肉痛」も入ることを是非頭の隅に入れておいてください。

 

なので、夏場に特別ハードな運動をしてないのに「あれ、腕が筋肉痛?」とか「足の太ももが痛い」みたいな自覚症状が出たら夏バテのサインがあなたの体に現れているのかもしれません。

 

なので、そういった症状が出た時に間違っていつも筋肉痛になった時にほどこしている、痛みを感じる患部に冷感シップやコールドスプレーをするのは間違った対処法になるかもしれないので注意が必要です。

 

筋肉痛だけではない夏バテの案外知らない意外な症状

2016-07-02_183425

 

 

先ほど筋肉痛が夏バテの症状の一つであることを書きましたが、この筋肉痛以外にも見落としがちな症状がまだほかにもあります。

 

肩こり
首痛
腰痛
背筋痛

 

筋肉痛と似たような症状かもしれませんが、こちらはどちらかというと「コリ」に分類される症状だと思います。

 

これらの症状でとくに肩こりや腰の痛みなどは慢性化してる方は夏バテのサインであることに気づかない事が多いのではないでしょうか?

 

あーっ、いつもの肩こり・・・最近仕事が忙しかったから長時間デスクワークしてたからな・・・・

 

そういう思い当たるふしがある場合はなおさら「夏バテ」であることなど全く意識せずにやりすごされる方が多いと思います。

 

ですので、このような首が凝ってるなとか、最近肩から背中に痛みを感じるけど根を詰めて仕事をやってたからだろうとたかをくくらず、夏場であれば「夏バテ」かも?と疑ってみることが重要になってきます。

 

重要って・・・大げさなと思われるかたもいるかもしれませんが、全然大げさではないことを次にご紹介していきます。

 

暑さから自律神経がうまく働かず夏バテの色々な症状が引き起こされる!

2016-07-02_183351

 

そもそも、なぜ今回ご紹介してきた筋肉痛やそのほかのあまり知られていない肩こりや首こり、腰痛、背中痛などが夏バテの症状として留意しないといけないのでしょうか?

 

それは、そのような症状が出ている方は自律神経が弱ってうまく働かないようになっている可能性が高いからです。

 

自律神経はみなさんもご存知のように私達の体の均衡を保ってくれる大事なものです。体温を一定に維持したり、呼吸や心臓をなにも意識せずにできているのは全部自律神経の働きによるものです。

 

学校でならったと思いますが、これをちょっとむずかしい言葉でいうと「恒常性維持」といって「ホメオスタシス」という言葉を理科や生物の教科書で見た記憶がある方もきっと多いのではないでしょうか?

 



<スポンサードリンク>



この自律神経は、ストレスなどによっても乱れてその働きが低下することもありますが、夏の暑い時期にもその働きが低下する傾向にあります。

 

暑さがそもそもストレスなんでしょうけど、その暑さによって、大量の汗が出て体内のミネラル分が不足し、さらに暑さによって食欲が減退して十分な栄養補給が出来な状況が続く・・・

 

そうすると、あなたの体の自律神経が本来の機能を十分に働かせることができないようになってくるわけです。

 

そうなると、体の各所にいろいろな症状が出始めてきます。

 

その端緒として、まず人間にとって非常に重要かつ大切な血液の循環が停滞する傾向になるのです。これが今回ご紹介してきた筋肉痛を始めとするあまり知られていない「隠れ夏バテ症状」の発端になるのです。

 

夏場に血液のめぐりが悪くなる原因は発汗によって体内の水分が大量に失われ、血液がドロドロになるから血行が悪くなるものだと思っていましたが、自律神経の機能低下によっても同じような症状が出てくるんですね。

 

血の巡りが悪くなると当然、体の各所に老廃物がたまりやすくなります。この老廃物が蓄積されることで、筋肉痛を始め、肩こりや首の痛み、背中の痛み、腰の痛みなどが表面化してくるわけです。

 

夏バテによる筋肉痛や肩こりを解消させる対処法について

 

この夏バテの解消について書かれている書籍やネット上のサイトには、その対処法、解消法として「食事」について書かれているものが大半のように思います。

 

夏バテに効く食べ物などを紹介して、これを食べて夏バテ解消しようみたいな感じのものが多いようですが、そもそも夏バテの時って食欲がない事が多くないですか?w

 

なので、私は食べるのとは違ったアプローチで夏バテ解消というか、夏バテの原因となっている筋肉痛や肩こり、さらに血の巡りが悪くなってしまっている体の血行を改善する方法について考えてみました。

 

その改善方法、対処法の一つに「ストレッチ」をおすすめしたいと私は考えています。

 

このストレッチ、一般の方は運動をするまえに怪我の予防対策として、筋肉やアキレス腱などを「伸ばす」ためのものと思われがちですが、ストレッチをやると血行がよくなるってご存知でしょうか?

 

ストレッチは筋肉を伸ばすと同時に体の各所の血管も伸ばす行為になります。この血管を伸ばすことによって、最近良く言われているのがNO(一酸化窒素)が血管内に発生しこれが血管を若返らせ血行を良くすると言われています。

 

ですので、疲れた時にぐっと背伸びをするのは物凄く理にかなっている自然なストレッチ行為になると思ってよいかと・・・。

 

それで肝心な具体的なストレッチ方法ですが、Youtubeに参考になる動画がたくさんあるのでご自身で検索してみて、やれそうなやつ興味をもったものを実践されてみるとよいかと思いますが、今回は私がおすすめしたい動画を下記にご紹介させていただきます。

 

■筋肉痛専用ストレッチ

※Youtube MuscleWatchingチャンネルより

 

こちらのチャンネルではストレッチだけでなく様々な筋トレに関する情報動画が数多くアップされています。ストレッチに関しても「体を柔らかくするストレッチシリーズ」という再生チャンネルを作られて、全部で70本もの動画をアップされているので、ストレッチに興味がある方は他の動画もチェックしてみてください。おすすめです。

 

■目覚めすっきり!おふとんの上でできる簡単ストレッチ【東洋羽毛_美容と健康動画】

※Youtube 東洋羽毛公式チャンネルより

 

羽毛布団などの老舗メーカーの東洋羽毛さんのチャンネルです。プロのヨガインストラクターの方が、朝起きた時に最適な呼吸法とストレッチについて動画で詳しく説明されています。

 

■ガッチガチの首・肩に効くぅ!「2分ですっきり」コリ解消体操

※Youtube 美レンジャーチャンネルより

 

こちらの動画は、昼間デスクワークなどお仕事されている時にでも手軽にできる首や肩こりに最適なストレッチについて解説されている動画になります。このようにコリや筋肉痛に合わせた部分のストレッチを各個別に取り入れるとよいかと思います。

 

■ゾンビ体操

※Youtube アスコムチャンネルより

 

最後はストレッチではありませんが、血行をよくする手軽な体操のご紹介です。このゾンビ体操により血管内にNO(一酸化窒素)が発生して血管を若々しくたもち血流をよくする働きがあるそうです。1分やって30秒休憩してまた1分やるようになっていますが、私が時間を測るのがめんどうなので、数を数えるようにしています。足踏みを左右やって1回として、130数えるとだいたい1分間に・・・私の場合はなるので、それで1回やってあとはゆっくり30数えて、さらに同じように130数えてゾンビ体操をやる・・って感じで実践してます。

 

あとは、ストレッチや体操ではありませんが、自律神経を整えるのにヨガなどの呼吸法も私は良いと思います。これもYoutubeの動画で色々なものが紹介されていますので、興味がある方は探して視聴してみて下さい。

 

それから、個人的にはお金がかかりますが自律神経を整えるのにヘッドスパは超おすすめです。

 

美容室などでサービスされているところも多いですが、私はヘッドスパ専門店でやってもらうのが良いように思います。

 

あの心地よさはクセになります。ほとんどの人が途中寝てしまいますが、夏バテかな?と思ったら一度お近くのヘッドスパ専門店に足を運ばれるのも一つの方法ではないかと思います。

 



<スポンサードリンク>