振付師MIKIKO先生が振り付けした代表的な楽曲やCMあれこれ

 

MIKIKO先生が今晩、情熱大陸に出演?とりあげられます。

 

MIKIKO先生の存在を知ったのは、他の多くの方と同じだと思うのですが、入り口は「Perfume」でした。

 

音楽好きな私ですが、Perfumeに反応するが遅くて「ポリリズム」が世間で流行っているころは、まだ全くノーマークのユニットであったことをよく覚えています。

 

世間の皆様よりかなり遅れて、私はPerfumeが好きになり、特にライブやコンサートでのパフォーマンスに強く惹かれたのを昨日のことのように覚えています。

 

そのPerfumeのパフォーマンスの中軸をなすのがMIKIKO先生の振り付けになるかと思います。

 

今回は情熱大陸出演を記念して振付師MIKIKO先生がこれまでに手がけてきた楽曲やCMの振り付けを私の独断と偏見も加味して代表的な作品をご紹介していきたいと思います。

 

MIKIKO先生が振り付けしたPerfumeの楽曲で私がこれはと思うもの

 

Perfumeに私が興味を持ったのは、正直最初は「中田ヤスタカ」氏の「音」でした。どの曲が一番最初だったかは定かではありませんが、意識せずに耳に入ってきたPerfumeの曲で私の脳細胞がザワツイたのは、中田ヤスタカ氏の「音」だったことは間違いありません。

 

あれ?そういえば、Perfume、中田ヤスタカ、そして今晩のMIKIKO先生って全員情熱大陸出演されてたことになるみたいですね。\(^o^)/

 

MIKIKO先生が振り付けをしたPerfumeの楽曲で私が好きな代表的な曲を以下にピックアップしてみます。

 

掲載する動画は、全てYoutubeのPerfume公式チャンネルで公開されているものになります。

 

■Baby cruising Love

 

■シークレットシークレット

 

■Dream Fighter

 

■I still love U

 

■ねぇ

 

■GLITTER

 



<スポンサードリンク>



Perfumeファンの方には申し訳ないですが、最近の楽曲は残念ながら見たり、聴いたりしてないので割愛させていただきました。

 

振り付けを含めたPerfumeのパフォーマンスは、やはりライブやコンサートでその真骨頂が発揮されると思います。

 

私が特に好きなのが、東日本大震災があった2011年のJPNツアーでの「JPNスペシャル」と、3度めのワールドツアーのオープニング「Enter The Sphere」。

 

Perfumeは知ってるけど、まだこの2つの映像を見たことがない方は是非1度見てみてください。どちらも音だけでなく、映像でご覧になられることを強くおすすめします。

 

Perfume以外でMIKIKO先生が振り付けした代表的な楽曲

 

Perfumeが好きなものですから、ついつい長くなってしまいましたが、Perfume以外の楽曲でMIKIKO先生が振り付けされている、これも私が好きな楽曲を中心にご紹介させていただきます。

 

■YUKI 『Hello !』

 

■椎名林檎 – 長く短い祭

 

■星野 源 – 恋

 

この他にも、まだMIKIKO先生が振り付けされた楽曲で私がいいなと思う曲はたくさんあるのですが、MIKIKO先生に関する記事を書いているので「振り付け」がどんなものか分かるように動画を一緒に貼ってご紹介したいのですが、所属事務所や所属レーベルでMV、PVの映像をYoutubeにアップしてるところが少なくて残念ですが他の楽曲については割愛させていただきました。

 

この辺、欧米に比べると日本ってかなり遅れているように個人的には感じます。先程のPerfumeのワールドツアーでの楽曲をご紹介しましたが、アメリカでのライブの映像を見ると観客の方の多くがスマホやビデオカメラを持ってPerfumeのライブの映像を撮影しながら楽しんでいます。

 

これ日本のライブやコンサートでは絶対だめですよね?しかし、海外の人からするとお金を払って見にきたんだから撮影して何が悪いの?みたいな感じで、撮影不可の日本のライブを異端視される方が多いようです。

 

脱線しました。楽曲に関してはこれぐらいにしておきます。

 

あと予定していたCMの映像も、探してみるとブログに掲載できる映像が少なく、こちらも合わせて割愛させていただきました。

 

申し訳ございません。m(_ _)m

 

MIKIKO先生は、リオのオリンピックでの閉会式での演出?を担当されたりしてワールドワイドに現在活躍されてみたいで、Perfumeだけの振り付けをやられていると思いこんでいた昔の私からかなり遠い存在になられてしまった感があります。

 

それはPerfumeとて同じように感じます。

 

MIKIKO先生は振付師としての「振り付け」だけではなく、楽曲のPVや舞台でのパフォーマンスにおいて「演出」の面からもそのセンス、才能を大きく発揮されているので、今後ますますその活躍する場がワールドワイドになることかと思います。

 

そのうち、コリオグラファー・MIKIKOが世界中のエンターテイメントの世界で知れ渡ることになるでしょう。

 



<スポンサードリンク>