救急箱の中身:部活で使うには何を用意する?

2016-11-22_233705

 

現在高校2年生の姪がこの秋口というか、冬の初めにサッカー部のマネージャーになりました。

 

入部するにはかなり時期的にもタイミングもあまりよろしくない感じがするのですが、話を聞くとサッカー部にこれまでマネージャーがいなかったそうです。

 

それで創部してまだ日が浅いサッカー部なので今年は全国高校サッカー選手権大会の地区予選で一勝を目標に頑張っていたそうですが初戦で今年県の代表になったチームにコテンパンにやられたそうで・・・それで現在かなりサッカー部員が目の色変えて頑張っているそうです。

 

どうやらそのサッカー部員の中に姪っ子が好きな男の子がいるような・・・いないような・・・w

 

結構サバサバした性格の女の子なので男子の中に入っても物怖じせずに世話がやけるまさにマネージャータイプの女子高生だったようです。

 

この2,3週間で部室の掃除と整理整頓をやってようやく人間が住めるような空間になったと言ってました。

 

それで、彼女が一つ気づいたのが練習や試合で部員が怪我をしたとき応急処置をするための救急箱がサッカー部にはなかったそうです。

 

そこで、姪はサッカー部の顧問の先生にかけあって救急箱を用意してよいかおうかがいをたてたら、二つ返事で適当に用意しておいてくれと頼まれたそうです。

 

が、しかし用意するための予算も少なくまず救急箱の中身って、どんなものを揃えればよいのか・・・彼女はまずそこからのスタートでした。

 

高校の運動部の部活で使用する救急箱の中身は?

2016-11-22_233543

 

サッカー部に鳴り物入りで入部してマネージャーを始めた姪っ子ですが、綺麗に掃除した部室に救急箱があったほうがよいのではないかと気づき、クラブの顧問の先生に直談判。

 

予算5000円で救急箱の用意を命じられたわけなんですが、救急箱の中身ってどんなものを用意すればよいのかまったく見当がつかないと・・・。

 

そんな話を聞いた私は、救急箱ってドラッグストアに既成のものが売ってあるんじゃないの?と告げたら「あっ!そうか!それをそのまま買えばいいんじゃね?」とすぐさま近くのドラッグストアに行ったのですが・・・

 

近くの地元で一番大きいドラッグストアに行ったら、救急箱はあったものの値段が6000円以上して予算オーバーだったそうです。

 

そう言って、うちに帰ってきた姪に空の救急箱を用意して、その中に必要なものを購入して入れていけばいいんじゃね?とアドバイスしたら即刻それでいく!と即決。w

 

しかし、高校のサッカー部の部活で使うような救急箱の中身ってどんなものを揃えたらよいのかな~?とまたそこで足踏み状態に・・・。

 

高校生の部活、それも運動部の中でも特に運動量が多いサッカー部で常備する救急箱の中身って・・・

 

まずサッカー部で救急箱が必要になるケースを考えてみました。

 

おそらく一番多いのが練習や試合中に転んだりしての「擦り傷」「切り傷」ができたときではないでしょうか?

 

そういった状況で必要なもの・・・

 

消毒液、絆創膏(カットバン)、ガーゼ、テープ(ガーゼを止める用)、あとハサミ

 

これぐらいが救急箱に入っていたらまずは日常的な部員の怪我には対応できるような気がします。

 



<スポンサードリンク>



しかし、部員が30名ほどいるのでそれぞれ大量に準備しておかないとすぐなくなるような気がします。

 

包帯とか、網目になった傷口のガーゼを固定するやつとかも用意しておくとよいのでしょうが、その辺あたりの傷になったら保健室に行った方がよさそうな気がします。

 

あっ、でも試合中に大怪我までしないにしろ中怪我ぐらいのやつだと包帯とかいりそうですね。高総体や全国高校サッカー選手権の試合などになると、きちんとした救護班が各試合場に待機してるのではないでしょうか?

 

なので、部活で用意する救急箱は小さい怪我に対応できる医薬品があれば十分なような気がしますが・・・・素人考えでしょうか?

 

市販の救急箱の中身をのぞいてみた

2016-11-22_233619

 

それで、救急箱の中身を用意するうえで何か大切なものを忘れているような気がして、市販の救急箱の中身を少しのぞいてみました。

 

通販サイトで販売されている救急箱の内容を販売ページで確認してみることにしました。

 

どうせ調べるなら、一般的によく売れている救急箱、人気がある商品の中身をのぞいてみました。

 

まず楽天市場のカテゴリー別のランキングで救急箱を調べてみたら現在一番売れている第一位の救急箱が下記のものでした。

 

 

まさにこれぞ救急箱って感じの商品ですね。「The救急箱」って感じです。これ値段が6000円以上するので、姪っ子がドラッグストアで高くて買えなかったってこれと同じ救急箱でしょうか?

 

で6000円以上するので中身は結構色々な医薬品が入っているのだろうと販売ページをのぞいてみたら・・・wwww

 

なんと!これ箱だけの販売になっていました。(爆)

 

この木製の救急箱が6000円もするの?しかもランキング1位・・・何故?w

 

これはちょっと参考になりません。それで救急箱の中身がわかる商品を探してみたら、現在4位の下記の商品がとりあえず参考になりそうです。

 

 

これは半透明のプラスチックの救急箱に用意された医薬品が入っているタイプのものです。中身は下記の通り

 

三角巾
カットガーゼ
伸縮包帯
ネット包帯
絆創膏
カットコットン
サージカルテープ
消毒液
ステンレスはさみ
ピンセット
抗菌綿棒
ニトリル製使い捨て手袋

 

これを見ると、あと用意したほうがよさそうなものはピンセットと綿棒、それに手当をするときに着用する使い捨ての手袋・・・ぐらいでしょうか?

 

これだと、まず救急箱にするケースを用意してその中に、上記であげた消毒液や絆創膏などを別に購入して救急箱の中にストックしておけばよさそうです。

 

綿棒やピンセット、ハサミなどは100均で売ってるので予算5000円でもなんとかサッカー部用の救急箱が準備できそうですね。

 

あっ?あと水を入れる大きな「やかん」も用意しておいた方がよさそうですけど・・・あれはラグビー部ですかね~?w

 

おそらく、明日には姪が通っている高校のサッカー部の部室には創部以来初めて救急箱が設置されることになるかと思います。w

 



<スポンサードリンク>