食事中に唇を無意識に噛む原因ってこれなのでは?【痛いのよ~】

 

私は食事中に全く意図しないのに自分の唇の裏の部分を歯で噛むことがあります。

 

当然、噛んだ瞬間は「痛っ!」と声をあげたりする始末で、ひどいときには口の中が血だらけになることもあるほどです。

 

自分の唇なのに、なぜこのように間違って自分の歯で噛んでしまうのだろうと、以前独自に調べたことがあります。そうすると、その原因がストレスだとか頬がたるんでいるからだとか色々諸説あるようなのですが、私はそれらの原因に昔から納得いってませんでした。

 

それで、先日昼食を会社の同僚4人とでいきつけの定食屋で食べていたときに、その中のひとりが「唇を噛んで」痛っ!と声を上げたのです。

 

そこから、普段毎日のように顔を合わせている4人がこの唇を噛む話に盛り上がって、ある重要なことに気づきました。

 

唇をよく噛む同僚の多くが「早食い」でだった!w

 

冒頭の話の続きですが、定食屋での昼食中に突然「痛っ!」と声を上げたものだから、同席していたほかの3人が、声を上げた本人に視線を集中させていました。

 

そうすると、当の本人は箸を持った右手で口元を押さえて「唇噛んだ・・・」と一言言葉を発したのです。

 

その言葉を聞いて、私が「あっ、俺もよく誤って自分の唇噛むんだよな~」と一言言葉を発したところ、もう一人の同僚も「あっ私もです」と意外な共通点があることをカミングアウトしあえたのです。

 

残ったお坊ちゃま育ちの後輩は「食事中に唇を噛む?・・・うーん、ほとんど記憶にないですね~」と告白してました。

 

そこから、唇を食事中に噛むメンバー同士色々話していたらその原因についても私が知ってるストレスよるものとか頬のたるみなどが原因だということを知っていたのですが、私同様にそんなことが原因で唇を間違って噛んでしまうのではないだろうと思っていました。

 

そんななか、一人蚊帳の外だったお坊ちゃま育ちの後輩が一人でもくもく食事をしてたのですが、その姿を見てて私が「あっ!ひょっとして食事のスピードが原因になってるんじゃないの?」と一言・・・。

 

唇を噛んだ記憶がないというお坊ちゃま育ちの後輩は、いつもですが食事が非常に遅いんです。その遅い原因が、食べ物を口にいれたらゆっくり、何度も咀嚼して噛んでいるんですね。

 

ゆっくりよく噛んで食べるものだから、食事に時間がかかるわけです。それでいて、唇をかんだ記憶がないと・・・。

 

一方の私をふくめ他の三人は、食事のとき特に時間がない昼食時はとにかく食べるのが早いんです。(笑)

 

なので、早食いの私たちは急いで食事をするものだから、間違って自分の歯で自分の唇を噛んでしまっているのではないかと推測した次第なんです。

 

そうすると、他の二人の早食い同士が「あ~っ、それじゃないですか」と同調してきました。w

 



<スポンサードリンク>



私がそうなのですが、急いで食べるものだからたいてい食事中に噛むのは下唇の前の方で、それも中心から少し右側の部分を前歯で噛んでしまいます。

 

他のメンバーも同じようなところを噛むようですが、一人は口の奥の頬の裏側部分も噛んでしまうことがあるそうです。

 


【お口まわりに関する記事】

重曹うがいで膿栓ケア!良いことづくめの膿栓ケア水の話

 

唇を噛まないように食事中はゆっくり噛んで食べるように心がけてみたものの

 

其の一件があってから、自宅で食事をするときなどもとにかくゆっくり咀嚼してから食べ物を飲み込むように心がけるようにしました。

 

おそらく、このよく噛んで食べることは色々な面でメリットが期待できるかと思うので今年の目標の一つに掲げようかと思っているくらいです。

 

ゆっくりよく噛んで食べることで、おそらく食べる量が少なくなってダイエットにもつながる可能性もかなりきたいできると思います。

 

人間は食べ始めてから少し時間がたたないと自分の脳の満腹中枢に信号が伝わらないみたいなことを聞いたことがあるので、ゆっくり噛んでたべると一口にかかる咀嚼時間が長くなるので、満腹中枢を刺激する時点で早食いしてたときよりかなり食べた量が少なくなるはずです。

 

そういった、やましい期待もあって三人で心機一転食事中にはよくかんで食べることを誓いあいました。

 

これが、まだ初めて数日しか経過してませんが、禁煙するよりも辛いかもしれません。www

 

もう子供のころから食事をするスピードはずっと早かったものですから、口の中に食べ物をいれて数回咀嚼したらもう無意識に飲み込んでしまう癖がついてしまっているのです。

 

飲み込んでしまってから、しまったと思い次の一口は良くかんで食べるのですが、なんともいえない変な違和感を感じて・・・。

 

一番致命的なのは、美味しいはずの食事がよく噛んで食べると全く美味しく感じないということ・・・w

 

そのことと、長年の癖があってしばらくするとまた早食いモードに戻ってしまっています。これは、ゆっくり食べることを誓いあったほかの同僚二人も同じようです。w

 

習慣付くまでが大変だと思うのですが、これは禁煙よりも困難な道になる予感がします。w

 

何か良い方法がないものか・・・。

 

【お口まわりに関する記事】

インフルエンザにうがいは意味ない!羽生結弦実践のおすすめ方法とは?

うがいや歯磨きに使うコップ:清潔&便利なおすすめコップ3選

 



<スポンサードリンク>