車の1日保険の入り方ってどうやるの?

 

車の一日保険ってご存知でしょうか?

 

先日書いた記事で知人の娘さんが運転免許を取得した話を書かせていただきましたが、その娘さんが同級生で同じ自動車学校にかよって遅れて免許をとった友達に自分の車を運転させることになったそうです。

 

そんな話を聞いただけで、私は危険な香りがしてやめるように制止したい気持ちにかられるのですが、その話を聞いたときに1日保険のことを初めて聞きました。

 

知人の娘さんの友人が、娘さんの車を運転するときにこの1日保険に加入して運転したとのこと。

 

その時に、車の1日保険の入り方について話を聞いたので、今回はこの聞いた話をまとめて記事にしたいと思います。

 

1日保険はコンビニで入ることができる!

 

1日保険は一日500円の掛け金で車の保険にお手軽に入ることができる保険商品ですが、保険への加入には大きくわけて2通りあるようです。

 

このタイプの1日保険をとりあつかっている保険会社は現在以下の「3社」。

 

・三井住友海上
・東京海上日動
・あいおいニッセイ同和損保

 

基本的に3社とも1日保険に加入するときは「スマホ」を使って加入するようになっています。保険料金をスマホの電話料金に追加して請求する形になっているので、他人のスマホを使っては一日保険には加入できないようになっています。

 

今回知人の娘さんのお友達の方は、まだスマホをもっていないそうで、スマホを使って1日保険に加入することができませんでした。

 

それでは、スマホを持っていないと車の1日保険には加入できないのか?というとそうではありません。

 

コンビニで車の1日保険に加入することができます。

 

知り合いの娘さんの友人はセブンイレブンで三井住友海上の1日保険「1DAY保険」に加入したそうです。

 

あと東京海上日動火災の1日保険「ちょいのり保険」はローソンで加入できるようです。あいおいニッセイ同和損保の1日保険「ワンデーサポーター」は公式サイトを確認してみたのですが、スマホのみでの加入になっているようです。

 

セブンイレブンで三井住友海上の1日保険「1DAY保険」の入り方

 

今回は知人の娘さんの友人の方が加入したセブンイレブンでの三井住友海上の1日保険「1DAY保険」への入り方を説明します。

 

まず事前に用意しておくものが3つあります。

 

(1)運転免許証

(2)運転する車のナンバーと車のメーカー

(3)氏名・生年月日・住所

 

(1)と(2)は問題ないと思いますが、運転する車のナンバーと車のメーカー名は事前に調べておいたほうがよいでしょう。



<スポンサードリンク>



 

また車のナンバーは数字の部分だけではなくナンバープレートに記載されている情報すべてが必要です。

 

<例>

練馬 330
あ 0123

 

上記の準備ができたら最寄りのセブンイレブンに行きましょう。店に入ったらマルチコピー機のところに行きます。

 

ディスプレイ画面の右下のほうに「保険」のボタンがあるのでそこにタッチ。次の画面で「ご加入いただける保険」が表示されるので一番左の「1DAY保険」のところをタッチ。

 

センターへの問い合わせ画面が出てくるのでしばらくそのままの状態で待つ。1DAY保険のお申込み画面に切り替わったら、左の「マルチコピー機からお手続きを開始するお客様」にタッチ。

 

次の画面ではさきほど事前に必要なものとして3つご紹介しましたが、その準備をしてくださいとの案内が表示されます。

 

次の画面では契約にさいしての注意事項が表示されます。加入できない車についてや、車両保険つきの補償にする場合の注意点などが書かれているので、しっかり目をとおしておきましょう。

 

確認事項にしっかり目を通し自分が運転する車が確認事項に記載されているものではないことを確認してから、一番最後の「該当しない」のボタンにタッチします。

 

次に確認事項2の画面では未修理の「修理を要する損傷」があるかないかの確認画面になり、ないことを確認して「該当しない」のボタンにタッチ。

 

確認事項にも書いてありますが、もし修理が必要な箇所がある場合あAプランの500円コースにしか加入することができないようになっています。

 

そうすると次の画面では加入するコースの選択画面になります。3つのコースがあるので希望するコースにタッチ。

 

次の画面では運転する人の人数の選択画面になります。一人から四人まで選択可能です。通常は一人だと思います。

 

次の画面では「保険始期日時」の入力画面で実際に保険開始の日時をここで設定します。時間までしっかり設定する必要があり、24時間表記でしっかり間違いがないように入力しましょう。

 

次の画面では何日かけるかの選択画面になります。一日から7日まで選択可能です。

 

次の画面では運転免許証の有効期限の入力になります。入力が終わったら合計保険料がいくらになるか画面に表示されます。

 

次に運転する車のナンバーに関する情報の入力になります。まずはナンバーの場所がかかれている部分の選択。車を登録した陸運支局名になるのですが、さきほど事前に準備するところで例をあげたナンバーだと「練馬」をこの画面で選択するようにします。

 

つづいて、画面に従い残りの数字部分とひらがな部分の入力をすませます。そして申込者と運転者が同一人物であるかの確認画面になります。次に重要事項の説明をWebで確認できるかどうかの確認画面。

 

1DAY保険は保険証券を発行しないことと、Webで確認できることが表示される画面になり同意するかどうかの選択をします。ハイを押すと次のページでは重要事項の説明画面になるので一通り目を通しておきましょう。

 

最後に同意しますのボタンにタッチすると次の画面で「プリントしてます」の表示が出るので印刷されるまで待ちます。印刷されたものをレジに持っていき、現金またはナナコで保険料を支払い、これで加入手続きは終わりです。

 

文章で書くと長くなりますが、実際にマルチコピー機でコンサートのチケットなど購入経験がある方は、抵抗なくスムーズに手続きができると思います。

 



<スポンサードリンク>