香水でリラックス!おすすめしたい香りを活用した癒やし法

 

私はかなり若いころから、香りに敏感だったように思います。

 

ちょうど秋口の今頃の季節、当時小学生の低学年だった私は田舎道を歩いていたときに、人生で初めて嗅ぐえもしれない「良い香り」に全身の神経が反応した記憶があります。

 

私はその良い香りがする方向に歩いて、引き寄せられるようにしてあるお宅の前に・・・。その香りの源と思われるところに立ち尽くした私はゆっくりと上を見上げました。

 

「これだ!」・・・と満面の笑顔で至高の香りの発信源を見つけた私は、その後静かに目をつむってありったけの周辺の空気をまだ小さかった左右の肺につめこみました。

 

それから、長い月日が経って、その良い香りが「金木犀」からであることを知った私。その頃には、この金木犀以外にも「いい香り」だと感じる香りをいくつか持つようになりました。

 

それから、さらに幾年か経過したころに良い香りを嗅ぐと、体の調子がよくなることに気づいたのです。

 

その辺から私は好きな香水を集めては、ストレスが溜まったときや、リラックスしたいときに自分で良い香りだと思う香水を存分にかぐようになりだしました。

 

お気に入りの香水の香りを嗅ぐと血行が良くなる気がする

 

これから秋が深まり、四季がある日本では寒い冬を迎えることになります。

 

寒し冬場に、例えば自宅の自分の部屋で読書などをしていたとします。エアコンで暖房はついているものの、足元から底冷えするような寒さを感じた私。

 

ある時、ストレス発散とかリラックスする目的ではなくなっとなく寒い日の夜に自分が好きな香りの香水をアトマイザーに移して、時間を見ては香水を自分のまわりに噴霧します。

 

香水を振った瞬間から、自分がすごく好きな香りなのですぐに鼻が活動的になり、頭の中では確実に何かしらのホルモンが出ていると思われるほど「はぁ~いい香り~」と、温かいお風呂にでも浸かったような感じに見舞われます。

 

それを繰り返しているとやがて、私はあることに気づきました。

 

あれ?さっきまであれだけ足元が寒かったのに、寒さが少し和らいだような気がする・・・。

 



<スポンサードリンク>



そうなんです、自分が大好きな香水の香りに包まれてヘナヘナになってリラックスできたからなのか、全身の血流がアップしたような感じで血行がよくなった気がしたんです。

 

これが香りからくるものなのかどうなのか自分では分かりませんが、大好きな香水で「あ~っ、いい香り!」と思って香りに浸ることがとても重要な気がします。

 

自分でこの香りは大好きと思える香水を探すとそれで健康になれる気がする

 

そんなことがあって、私はいつしか香水フェチになっていました。

 

同じ香りでも、室内やトイレで使う芳香剤や洗濯のときに使う柔軟剤などの香りではいまいちなんです。

 

自分で好きな香水を見つけて、その香りを嗅いだときの「いい香りだ~」と心の底から思えるものと出会ったときの嬉しさは、今の私にとって何物にも代えがたいことになっています。

 

そして、そうやって見つけた香水を自宅の自室で嗅いでリラックスする時間が今の私にとっては一番のひとときになっています。

 

それでいつのころからか、この自分にとって良い香りの香水って、単に「良い香りを提供」してくれるだけではなく、先程の血行の話ではありませんが、自分の健康にもかなり関与してるように感じています。

 

もうこのようなことをやりだして4年ほどになりますが、私が記憶するかぎり風邪を引いたようなことは無いはずです。

 

このことが、香水の良い香りが原因だとは断言できませんが、自分の感覚からすると絶対に自分の健康にはプラスになっているという自負はあります。

 

あなたが、普段香水を使うことがなければ、自分の心がこれはいい香りだ!と思える香水を一つでも探されることをおすすめします。

 

これ、私は下手なサプリメントを毎月定期的に購入するよりも、自分の鼻がこれは本当に良い香りだと思える香水を一つ持つことの方が案外健康には大きく寄与するような気が個人的な体験からはします。

 

香りの好みは人それぞれです。

 

あなたが心のそこから良い香りだと思える香水を明日からでも見つけてみませんか?

 

■私が好きな香りの香水の一つ

 



<スポンサードリンク>