高校の体育祭ポスターに見るスローガンあれこれ

2016-08-04_154204

 

秋口になると全国各地で体育祭や運動会が行われます。昔は体育の日前後に体育祭が行われることが多かったようですが、近年では春先5月に実施する学校も多いようですね。

 

この体育祭、小学校や中学校ぐらいまでは先生が計画立案から運営までやられる所が多いようですが、高校になると生徒会を中心に運営を生徒自身の手で行う高校が多くなるように思います。

 

それでこの体育祭運営で生徒さんたちが結構頭を悩ませるのが、「体育祭のスローガン」の選定のようです。

 

私が高校の時に、体育祭のスローガンなど決めてやっていた記憶が全くないのですが、昨今の高校の体育祭ではこのスローガンの選定からポスター作りまで生徒さんの手によって行われることが多いようです。

 

そこで、今回は高等学校の体育祭のポスターにかかれたユニークなスローガンをご紹介して現代の高校の体育祭のさわりをご紹介できればと思っています。

 

オーソドックスな正統派スローガン

2016-08-04_154335

 

まず現在の高校の体育祭のスローガンやポスターがどのような感じになっているのか知るために代表的なものを探してみました。

 

そうすると大阪の歴史ある今宮工科高校さんのサイトに過去の体育祭のポスターが掲載sれていて、スローガンも確認できたのでのぞいてみました。

 

■今宮工科高等学校 学校行事
http://www.osaka-c.ed.jp/imamiya-t/koukazen/events.html

 

生徒さんの手作りのポスターであることがよく分かる、まさに今風の画風の高校生の体育祭のポスターって感じですね。

 

アニメの影響を多大に受けた生徒さんの手によるポスターではないかと推測されます。

 

スローガンのほうが

 

Plus One ~新たなる一歩~

Tradition of 100years ~今工の新たななる幕開け~

The legend of IMAKO ~語り継がれる今工祭に~

 

上記の3つのスローガンを見るとある程度パターン化されている感じがしますね。冒頭に英語の一節を入れて、その後に日本語でサブタイトルのような形で作られている感じが見てとれます。

 

このパターンに似たスローガンも発見しました。福岡の新宮高校の体育祭のスローガンです。

 

■福岡県立新宮高校 平成23年体育祭ポスター
http://blog-imgs-30.fc2.com/s/h/i/shingusoccer/taiikusai_poster11.jpg

 

上記の体育祭のポスターを見るとスローガンが

 

誇り~意志(こころ)を継ぐ~

 



<スポンサードリンク>



前出のスローガンが英語+日本語サブタイトルのパターンになっていますね。現在の高校のスローガンはこのパターンがだいたい基本となっているようで、冒頭の部分がこのほか漢字の四文字熟語だったりするものもかなり多いようです。

 

体育祭ポスターとスローガンが上手く連携してる事例

2016-08-04_154301

 

さまざまな全国の高等学校の体育祭のポスターを見てると、インパクトがあって上手いな~って思う事例がいくつかありました。

 

その一つが、下記のリンク先の福岡工業大学付属城東高等学校の事例になります。

 

■福岡工業大学付属城東高等学校平成26年体育祭ポスター画像
http://jyoto.fit.jp/files/uploads/H26%E4%BD%93%E8%82%B2%E7%A5%AD%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC__large.jpg

 

この年のスローガン、この高校では「テーマ」とされていますが、それが「感激・感動・感謝」となっています。

 

そして、ポスターの画像には4本の手が重なり円陣を組むかのような感じで、それぞれの腕の間に「感」「激」「動」「謝」の4つの漢字が描かれています。

 

スローガンとポスターの構図がマッチしてて素晴らしいですよね。

 

ホームページで過去の体育祭ポスターを掲載してる高校

 

いろいろな高校の体育祭のポスターを見ていく中で一つ気づいたのが、近年の高校の体育祭のポスターの画風とスローガンのパターンが、冒頭に書いたように、かなりアニメの影響が色濃く反映されている画風に「英語+日本語サブタイトル」のようなスローガンのパターンが多いということでした。

 

そのようなタイプのポスターが多い中で、数多く見てると中には目が止まるポスターというか作品がありました。

 

その一つが熊本県立玉名高等学校の体育祭のポスターです。

 

■熊本県立玉名高等学校体育祭ポスター
http://sakura1.higo.ed.jp/sh/tamanash/taiikusai/taiikusai-poster.htm

 

過去20数年分の体育祭のポスターの画像が掲載されています。スローガンは首尾一貫して漢字四文字。最初見たとき、慣用的な四文字熟語なのかな?と思ったのですが、毎年独自に考えてスローガンを考案されているようですね。

 

あと、ポスターの絵のクオリティーが非常に高いように感じました。私は絵に関しては門外漢なのですが、たとえば2009年の第62回のポスターを見た時、スロガーンが「凛燈輝心」でポスターの絵の部分が最初見たときピンときませんでした。

 

しかしよくよく見てみると、赤い馬が凛として描かれ、その馬が走ってきた光跡のような黄色のラインが目にとまり、背景はブルーを基調とした色使いをされています。

 

スローガンの言葉がこの一つ一つの絵の中に込められているように私は見てとれました。

 

おそらく、この体育祭のポスターも玉名高校の生徒さんが考案されて描かれたものなのでしょうが、一枚の絵画として十分見れるクオリティーではないでしょうか?

 

この玉名高校さんのように歴代の体育祭のポスターが保存されて、この先同校の後輩の生徒さんたちがまた同じように体育祭のポスターを考案されるときに、過去のこのようなポスターを確認できるというのは非常によいことではないでしょうか?

 

この流れができると、その高校独自の体育祭の「核」なるものが、その高校の歴史とともに育まれてポスターにしろ、スローガンにしろ、「あっ、これはあの高校の体育祭のポスターだ」と一瞥して分かってもらえるようになるような気がします。

 

昨今流行りのアニメチックな画風とスローガンも決して悪くないと思いますが、今回たくさんのポスターとスローガンを見てきて同じようなタイプのポスターが沢山あったので、これから体育祭のポスターやスローガンを考案される高校生の方は、在籍されている高校の校風とオリジナリティーをこめたポスターやスローガン作りに取り組んでいただきたいとつとに思います。

 



<スポンサードリンク>