献血の年齢条件をクリアしてても意外な事で献血出来なかった女性の話

 

先週末、地元の役場に献血車がきてて、予め回覧板などで告知してあったので、町内単位で献血に参加されていました。

 

うちの町内では婦人部の方々が声をかけあって10名ちょっとの方が献血に参加されていたそうです。

 

しかし、その参加された方の中で献血できなかったご婦人がお一人いらっしゃいました。風邪をひいて薬でも飲んでいて、献血できなかったのかと思っていたのですが、そうではなくて献血が出来なかった理由というのが

 

年齢の条件

 

この条件をクリアできてなかったそうで、献血できなかったそうです。そんな献血に年齢制限などあるならば、最初から回覧板に記載しておけばよいものをと、ご本人だけでなく他の方々も色々不満をぶつけていたようです。

 

それで、今回は献血のさいの年齢制限についての話になります。

 

献血の年齢条件をクリアしてても意外なことで献血できなかったご近所の主婦

 

私も今回の話を聞いて、献血に年齢制限があると聞いて、なんとなくぼんやりと何歳以上で上が70歳から80歳ぐらいなんだろうなと思っていました。

 

しかし、よくよく聞いてみると献血は「男女」で「年齢制限が違う」ということで、まずこのことに驚きました。

 

さらに、その年齢制限も細かく別れていて一度聞いてもそうかんたんには覚えられない感じになっていました。

 

まず献血には2種類あって

 

・全血献血

・成分献血

 

さらに、全血献血にも「200ml献血」と「400ml献血」があり、成分献血にも「血漿(けっしょう)」献血と、「血小板」献血の2種類があります。

 

それで年齢に関する条件が

 

①全血献血200mlは男女とも16歳~69歳

②全血献血400mlは男性が17歳~69歳
         女性が18歳~69歳

③血漿献血は18歳~69歳

④血小板は男性18歳~69歳
     女性18歳~54歳

 

とかなり細かく年齢条件が決められています。また注意が必要なのが、69歳以下であっても65歳から69歳までの方は60歳から64歳までに献血の経験がないと献血できないという条件があるんですね。

 

冒頭で書いた、今回献血できなかった女性というのが現在66歳なのですが、60歳から64歳までの間に献血をしたことがなくて年齢条件にひっかかり献血できなかったということでした。

 



<スポンサードリンク>



なので、69歳以下の女性であってもこの意外な年齢条件で献血ができないケースがあることを今回初めて知った私でした。

 

 

平成23年に献血できる採血基準が変更になっていた

 

以前、献血に関する以下のような記事を書いたことがありました。

 

 

友人で、高校生のとき依頼久しぶりに献血をしに行ったら、あまりに血圧が高くてその場にいた医師から献血不可との診断が出てしまったという話です。

 

それで、今回のご近所の奥さんが年齢条件で献血できなかったということで、再度献血に関する情報を調べてみました。

 

そうすると、前回気づかなかったのですが、献血に関する採血基準が今から7年前の平成23年に変更になっていることに気づいたのです。

 

■厚生労働省 平成23年4月1日から献血の可能年齢(採血基準)が変わります

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/kijun/

 

この厚労省のホームページの記事を見ると、年齢に関して変更になったのが、全血献血の400mlの分が、女性はそのままなんですが男性の下の年齢が18歳から17歳に引き下げられています。

 

あと成分献血の血小板に関しても以前は男性、女性ともに18歳から54歳までだったのが、新しい基準では男性の方の上限年齢を69歳に引き上げています。

 

ということは、17歳の男性と55歳から69歳までの男性は献血に積極的に参加すると、慢性的な血液不足の解消に一役かえるのではないでしょうか?

 

献血できる場所は探せばあなたのお住いのすぐ近くにきっとあるはず!

 

今回の話の元になっているのが地元の役場に献血バスが来るという情報が回覧板でまわってきたことが発端となっています。

 

実際に今回献血をされたご近所の奥さん方は、時間があったら(結構いつでも暇してるでしょw)また献血に行きたいよね~とか言ってたんですが、地元で献血できるところってどこだろうと探してみたんです。

 

そうすると、私が知らない献血スポットが自宅近くにあるわあるわ・・・。こんなところに献血ルームってあったの?というようなところがたくさんありました。

 

私が住んでいる田舎でこれだけの献血可能なスポットがあるのですから、この記事を御覧頂いているみなさんのお住いの近くにもきっと献血スポットが沢山あるはずです。

 

そういったスポットを探すには下記の日本赤十字社の公式サイトを活用するとすぐ見つけることができます。

 

■献血する

http://www.jrc.or.jp/donation/

 

上記のサイトで献血バスが巡回するスケジュールと各都道府県の常設の献血ルームが確認できます。

 

健康な方で、お住いのお近くに献血ルームがあったらご家族で一度献血されてみてはいかがでしょうか?

 



<スポンサードリンク>