自作のカスピ海ヨーグルトが固まらないで失敗してた3つの原因判明

 

以前、ヨーグルトメーカーを使って作ったものの失敗したやつの取り扱いについて記事を書かせていただいたことがありました。

 

あれからだいぶ年月は経過しましたが、最近うちの奥さんが「フジッコのカスピ海ヨーグルトの種菌」なるものを見つけてきて自宅のヨーグルトメーカーで「カスピ海ヨーグルト作り」に挑戦してみました。

 

しかし、3回やって3回とも固まらないで大失敗。うちの奥さん、もともとの基本のヨーグルトさえきちんと作れてない気がするんですけど・・・。

 

カスピ海ヨーグルト作りに3連続失敗して意気消沈し、やる気がなくなっている奥さんのために失敗した原因を今回はさぐってみました。

 

原因その1:そもそも使用する牛乳が間違っていた

 

自宅でヨーグルトメーカーを使ってカスピ海ヨーグルトを作るのに、固まらないで失敗する原因を調べていて、まず私がずっこけたのが「そもそも使用する牛乳が間違っていた」ことでした。

 

カスピ海ヨーグルトに限らず、ヨーグルトを自宅でヨーグルトメーカーを使用して作る場合「正真正銘の牛乳」を使用しないと失敗しやすいみたいです。

 

正真正銘の牛乳?と思われる方もいらっしゃるかと思います。知らない方のために、「見かけは牛乳」だけど「水などや色々な混ぜ物が入っている牛乳モドキ」のものが現在スーパーなどの牛乳コーナーにはたくさん並んでいます。

 

うちの奥さんはこのことを知らずに、「乳飲料」と書かれている「牛乳モドキ」の商品をカスピ海ヨーグルトづくりに使っていたようです。

 

これでは固まらないのも納得できます。カスピ海ヨーグルト作りには、パックにしっかりと「牛乳」と書かれたものを使いましょう。

 

原因その2:温度設定が出来ないヨーグルトメーカーを使っていた

 

これも基本的なことなのですが、自宅でヨーグルトメーカーを使ってカスピ海ヨーグルトを作るとき、設定温度が重要になってきます。

 



<スポンサードリンク>



しかしながら、うちにあるヨーグルトメーカーは温度設定ができない安物だったのでカスピ海ヨーグルトも固まらないで3連続で失敗ということになったようです。

 

カスピ海ヨーグルトは一般的なヨーグルトを作るよりも「低い温度」で発酵させる必要があるので、きちんと温度設定ができるヨーグルトメーカーを使って作るようにしましょう。

 

現在販売されているヨーグルトメーカーでは通常ヨーグルトとカスピ海ヨーグルトを作るときの2つの温度設定ができるものがかなりあるので、もし今現在使用されているヨーグルトメーカーで温度設定機能がなくてカスピ海ヨーグルト作りに失敗するようであるなら温度設定ができるヨーグルトメーカーに買い換えてみるのも一つの方法ではないかと思います。

 

原因その3:使用する容器やスプーンを消毒してなかった

 

この3つめの消毒に関しては私もまったく意識してませんでした。

 

しかし、カスピ海ヨーグルトは種菌である乳酸菌が牛乳の中で発酵してできるので、ほかの雑菌などが混入していると、この乳酸菌がうまく活動できないことがあるそうです。

 

なので、カスピ海ヨーグルトの種菌などを入れるときに使用する軽量スプーンなどは熱湯でよく殺菌消毒してから使う必要があったり、ヨーグルトメーカーもしっかり殺菌消毒する必要があるようです。

 

しかし、ヨーグルトメーカーの中には耐熱性にかける素材でできているものがあるでしょうから、取扱説明書に書かれている耐熱温度を確認して熱湯ではなく60度ぐらいの温度で時間を少し長めに殺菌消毒するとか、あとは赤ちゃんが使う哺乳瓶の消毒などに使用するミルトンなどを使って消毒したりするのもよいのではないかと思います。

 

この3つ目の殺菌消毒に関してはそこまでシビアにならなくてもよいという意見もあるようですが、我が家は固まらないで失敗した可能性のある原因をすべてクリアするためにこの点に関してもしっかりつめてやることにしました。

 

これら3つの点に注意してカスピ海ヨーグルト作りに再チャレンジしたところ、みごとうちの奥さんはカスピ海ヨーグルトづくりに成功しました。

 

この結果から、今回チェックした3つのポイント全部が失敗してた原因になっていた可能性もありますし、1つの項目だけクリアしたら成功してたかもしれませんし、このうち2つだけクリアしないと成功していなかったかもしれません。

 

全部で7パターンあるようですが、そこまで厳密に失敗の原因をつきとめるだけの根性はうちの奥さんにはありませんが、次回機会があれば私がひとつずつケースに分けて実験してみたいと思います。

 

今回はこの辺で。

 



<スポンサードリンク>