冠水道路を車で走行しマフラーに水が入ったら?

冠水した道路を走る車 生活

 

冠水した道路をやむをえず車で走った場合に、マフラーに水が入ったらどうなるのでしょうか?

 

たまに、冬場にマフラーから水が結構な量出ている車を見かけますが、冠水道路を走った場合はそれとは全然意味合いが違います。

 

それで、今回はこの冠水した道路を車で走った場合、マフラーに水が入ったケースについて調査してみました。

 

まず本題の前に故意にマフラーに大量の水を入れる輩がいるのをご存知でしょうか?

 

以前どこかの動画サイトで見たことがあったのですが、世の中にはいろいろな人がいるもので、自分の車のマフラーにわざと水をいれて遊ぶ?人がいるんです。

 

その意図、目的は単に面白がってやってる人もいれば、本当かどうか分かりませんがマフラーの音量をアップするためとかいう人もいるようです。

 

どんな感じなのか、知らない方は想像がつかないと思います。実際の映像を見ていただくのが早いと思います。

 

※Youtubeでの「マフラー 水入れ」検索結果一覧。

 

どれだけマフラーに水入れるだよってくらいマフラーに水を入れ込んでるでしょ?この程度入れても、車によってはまだエンジンもストップせずに動くみたいですね。

 

これを見たあとだと、少々冠水した道路を走ってマフラーに水が入っても大丈夫な気がしてきませんか?w

 

上記の動画の映像はあくまでお遊びや、個人の趣味を目的に行われているものなので、普通の方は決して真似しないようにしましょう。

 

冠水した道路でそれほどマフラーに水が入ってないような時

 

通常、冠水した道路を車で走行してマフラーにどの程度水が入ったかというのは、なかなか正確な量は把握できないと思います。

 

なので、どの程度の水深の冠水道路を、どの程度の距離、時間走ったかということが一つの判断材料になるかと思います。

 

それで、冠水した道路をそれほど走ってないという場合は、マフラーへの水の流入もそれほどないと判断できるのではないかと思います。

 

このようなケースでは、冠水道路を走ったあとに、安全な場所で車を停車させて、空ぶかしをしてアクセルを踏み込んでエンジンの回転数を上げて、マフラーに入った水を吐き出させましょう。

 

要するに前項でご紹介した動画のように、アクセル踏んでマフラーから水を出し切るようにしましょう。

 

この時、車外でマフラー部分を見てもらう人がいれば、アクセル操作して水の出方について教えてもらうとよいですね。

 

かなりの水深の冠水道路を車で走ってしまった場合

 

一方、実際に走ってみたら想像したより遥かに水深があった冠水道路を走ってしまった場合・・・。

 

これは、昨日の記事でご紹介したJAFの動画をご覧になると、そもそも水深がありそうな冠水道路は車を走らせない方がよいと思われるかと思います。

 


※Youtube JAF公式チャンネルより

 

上の動画のように車はある程度の水の深さの冠水道路を走行すると、エンジンへの空気の取入口(エアインテーク)から水がエンジン内部に入り込んで瞬時にエンジンが停止します。

 

なので、マフラーに大量に水が入ってトラブルになるより先に、エンジンに内部に水が侵入して車がとまってしまう方が先のような気がします。

 

この程度の冠水道路を走行して奇跡的に車が動くのであれば、自分で対処するのではないくプロの整備士さんに一度チェックしてもらうのが最善策だと思います。

 

これだけ深い冠水道路を走ると、車の内部にも水が入ってしまう事が多く、そうなると車の電装品などの故障が頻発することに繋がるかと思います。

 

また、適切な処理をしないと車内にカビが発生して車に乗ったときにカビの臭いで悩まされることにもなりかねません。



<スポンサードリンク>



 

そうなると、もう車の乗り換えとかになってものすごく高くつくので、冠水した道路を走行するときは、マフラーのことを心配するまえに「君主危うきに近寄らず」精神で車の運転をしましょう。w

 

車のエンジン内部が冠水すると瞬時に壊れる

 

台風やゲリラ豪雨で道路が冠水したときに、泥水で覆われた道路を水しぶきを上げて車が通る映像をニュースなどで見かけることがあります。

 

あの冠水した道路をこれぐらいだったら、大丈夫だろうと突っきって走っていると突然車のエンジンがストップすることがあります。

 

ご愁傷さま状態ですね。

 

車のエンジン内部に水が入ると一瞬でエンジンが壊れます。水は空気と違って圧縮できません。エンジン内部のシリンダーに水が入るとシリンダーが下がらいので、コンロッドが曲がったり折れたりします。

 

一瞬にしてご愁傷様状態で、あなたの愛車は天に召されます。

 

その事例として、下の動画をごらんくだし。

 


※Youtube 増満自動車さんのチャンネルより

 

トヨタのアクアですね。途中解説が入ってますが、エンジンのエアインテーク(空気の取入口)までの高さが65センチだそうです。

 

オーナーさんの証言では、冠水した道路を走っていて、道路の水がフロントガラスの方まで上がって来てたとのこと。

 

走ることにより、水を巻き上げてしまって、その水がボンネットのフロントガラス側からエンジン内部に入った模様です。

 

これぐらいだったら、いけるだろうというその判断があなたの愛車を「廃車」に変えてしまいます。

 

冠水した道路の水は下水が混じっていると思え

 

冠水した道路をこれぐらいだったら、全然平気だし自分の車はSUVだから車高も高く心配ないと思っているあなた。

 

なにか忘れてませんか?

 

冠水した道路の水には、高確率で下水がまじってます。下水です。ようするに、人間の糞や尿が混じっているということです。

 

なので、台風や集中豪雨で冠水したあとは伝染病のリスクが高くなるわけです。

 

そんな冠水した汚水、下水混じりの水の中にあなたは自分の車を突入させるのですか?

 

糞が混じっている水が車内に入ってきてもいいんですか?フロアマットが冠水したら、マットは掃除したぐらいじゃダメですよ。なにせ、下水が混じってる可能性が高いので雑菌だらけです。

 

なおかつ、あなたの愛車の価値が著しく低下します。

 

日本自動車査定協会によると、中古車査定基準の中で水没車、冠水車の定義というのは「
集中豪雨や洪水などにより室内フロアー以上に冠水した車」ということになっているそうです。

 

よって、フロアマットが冠水したらあなたの車は冠水車、水没車ということになり査定金額が大幅に下ることになると思います。

 

なので、目の前の道路が冠水してたら、遠回りでもいいので水につかってない道を選んで車を運転するようにおすすめします。

 

そういった冠水してない道路がないような場合は、車を一旦タワーパーキングや二階以上の駐車場があるようなところに、車をとめて道路の水が引くまで待つのが賢明かと。

 

一瞬の判断ミスが、あなたの愛車を奈落の底に落とすことになるかもしれません。十分ご注意ください。

 



<スポンサードリンク>









コメント

タイトルとURLをコピーしました