乾麺のうどんを使った簡単風邪対策オリジナル料理

 

夏場に我が家で消費量が増える、乾麺のうどん。土日や子供が夏休みの際のお昼は結構な頻度で冷やしうどんが食卓に上がっていました。

 

なので、夏場になると容量がかなり入っている乾麺のうどんをまとめて購入するケースが多く、その中で封を切ったものが年末の大掃除の際に出てきました。

 

乾麺なので保存はきくかと思いますが、袋の封を切って冷蔵庫に小麦粉などと一緒に保管してたのですが、半年以上経過してるのでダニやカビが心配になり早目に消費してしまうことにしました。

 

そう思い立った時点で、私自身が少し風邪気味だったので、この風邪が本格化しないように風邪対策用の乾麺うどんレシピを自分で考案してみました。w

 

風邪対策に良いと言われている食材で「ニラ玉うどんあんかけ風」を作ってみた

 

料理が好きなので、何か食材があって料理をしようというときも自作というか適当に自分で持ってる知識を駆使してこれまで結構な数の料理を作ってきた私。w

 

今回も昨年夏から冷蔵庫に眠っていた乾麺のうどんを使って、その時の状況(風邪気味だった)を考慮し、風邪対策によさげな「乾麺うどんレシピ」を考えてみました。

 

< 食 材 >

乾麺うどん
ニラ

しょうが
ねぎ
葛粉(または片栗粉)
ごま油
麺つゆ

 

①まず乾麺のうどんをアルデンテ程度にゆでます。(笑) メーカー推奨の湯で時間より1分程度短い時間でよいかと。茹で上がったら冷水で締めてザルにあけておきます。

②一人用の小ぶりの土鍋にだし昆布を少し切り入れて、めんつゆを適宜入れます。わが家はミツカンさんの「追いかつおつゆ」を使ってまして、これだと鍋やおでんのときはラベルにかかれているのが水1に対してめんつゆ4~6になっています。

③つゆが煮立つ間に、ニラを適当な長さに切って溶き卵の中に投入。

④だしが煮立ったら、さきほど茹でたうどんを投入してしばらく火をいれます。頃合いを見て、水でといた葛粉もしくは片栗粉を入れてとろみをつけて、さらに先程準備をしたニラをいれた溶き卵を流し入れて鍋の蓋をし、30秒ほどで火を止めます。

⑤仕上げに風味付けにごま油を少したらして、小口切りにしたネギと、すりおろした生姜をそえて出来上がりです。

 

体が温まるのは保証しますが、風邪を撃退できるかどうかは保証しかねます。w

 

メインがうどんなので消化は良いと思いますし、にらでビタミンB群をはじめ、風邪のとききに摂取すると良いとされるビタミンCやβカロテンのビタミンAもしっかりとることができます。

 



<スポンサードリンク>



またとろみをつけるのに使用する葛粉の葛(くず)には体をあたためて発汗作用があるとされているので私は昔から風邪のときはこの葛をとるようにしてます。

 

スーパーなどで葛湯として販売されていますね。しょうが入りでお湯をいれるだけでOKのやつは、冬場は常備しておきたいものです。

 

<風邪・インフルエンザ関連記事>

インフルエンザ検査で痛くない子供でも大丈夫な検査方法って?

子供の夏風邪の典型?微熱が長引くor高熱が出るケース

 

うどんを食べてあとは、ひたすら汗をかくまで寝る!

 

私は上記の思いつき乾麺うどんレシピで、からだをあたためつつ栄養補給し、そのあとは温かくして寝ました。

 

冬でも夏でもそうですが、私は「あっ?風邪もらったかな?」と感じたときは、すぐさまに今回のように体をあたためる食べ物をとって、速攻で布団にもぐりこむようにしてます。

 

これでじっと寝てると汗が出てくるので、じっと我慢して汗をかくようにします。あるていど汗をかいたところで、汗で濡れた下着を着替えます。

 

そして再度布団に戻るまえに、ポカリスエットなどのスポーツドリンクをレンジで温めて、その中に先程かいた市販の葛湯の粉を入れて飲みます。

 

そうすると、汗をかいた分の水分補給と、再度体を温める一石二鳥の効果があるのでこれを風邪気味のときは何度か繰り返すようにしてます。

 

私はこの方法で、熱があるときなどは大抵2,3回で熱が下がります。

 

うちの家族、特に子どもたちも風邪気味のときはこの方法をとるようにしてて、幸いなことにまだ風邪で学校を休んだことはありません。(^o^)v

 

風邪の対処法って、結構個人差があるように思うので、自分にあった対処法を早く見つけておくとよいかと思います。

 

<風邪・インフルエンザ関連記事>

インフルエンザにうがいは意味ない!羽生結弦実践のおすすめ方法とは?

子供の鼻うがい用に見つけた米国生まれのおすすめ鼻洗浄容器

 



<スポンサードリンク>