2017年花粉の飛散はいつからいつまで?ピーク時期と量について

 

花粉症の方にとっていやな季節がやってきます。春花粉にとくに反応される方にとっては、スギヒノキ花粉飛散情報には注意しておかないと、それこそ悲惨な状況が待っています。

 

知り合いの重度の花粉症の方は花粉の飛散前に病院で注射を打ってもらって、毎年厳重な花粉症対策を万全にとっているようです。

 

そこで、今回は2017年の花粉の飛散がいつから始まり、いつごろまでつづくのか?ピークがいつごろになるのか、また飛散する花粉の量はどれぐらいになるのかについて調査してみました。

 

今年は去年の4.4倍の花粉の量に!早いところでは今週中にも飛散が始まる!?

 

今年2017年花粉の飛散については、まず量に関しては昨年が例年より少ない飛散量だったこともあり、対前年比だと4.4倍飛散量になる予想が出ています。

 

例年の花粉飛散量で換算すると、全国平均で約1,2倍との予想になっているので、量的なことでいうと今年2017年の花粉の飛散量は

 

昨年2016年よりは4倍以上の飛散量になるが、例年比だと若干多い程度

 

このような予報になるようです。

 

気になる花粉の飛散がいつからはじまるのか?ということに関してはこれから先の気象状況とお住いの各地のスギやヒノキの生育状況にもよるでしょうが、早いところだと今週半ばから週末にかけて飛散がはじまるような予報が出ています。

 

昨日今日と例年になく全国的にかなりの陽気になり4月上旬並の気温という箇所も多くなっているので、予想よりも花粉の飛散開始時期が早くなるかもしれません。

 

まだ1月だと油断してると、花粉の猛攻撃に遭遇するかもしれませんので、花粉症の方は今日明日中にでも花粉症対策を始められた方がよいかもしれません。

 

花粉の飛散量の今現在の状況を知るのに役立つサイト

 

花粉症の方にはすでにおなじみのサイトかもしれませんが、気象情報会社のウェザーニュースのサイトで公開されている花粉情報は私にとってはかなり有益なサイトになっています。

 

花粉プロジェクトと称し、ポールンロボという花粉量を計測し、そのデータをウェザーニュースに送信する機械を全国の観測を希望する方々に発送して全国の花粉の飛散状況のデータを公開してる素晴らしいプロジェクトがあります。

 



<スポンサードリンク>



今年も今現在この計測機器の観測希望者への発送が始まっているようで、じきにウェザーニュースのサイトには全国各地のリアルな花粉の飛散情報が無料で閲覧できるようになります。

 

■花粉情報
http://weathernews.jp/pollen/#//c=0

 

このサイト何がすごいかというと、今日一日の花粉の飛散を現在から3時間おきに翌日の同じ時間までの24時間、飛散シュミレーションを表示してくれます。

 

ですの、朝出勤前やお出かけする前に今日今からの花粉の飛散どうなるかな?と思ったときにこのサイトでエリアを指定してシュミレートすると花粉の飛散状況を表示してくれます。

 

あと、天気予報のように花粉の週間予報もこのサイトでチェックできるので、予定をたてるときの参考にこちらのサイトのデータを参考にしてみるのもよいかもしれません。

 

今年2017年の花粉飛散のピークは?

 

花粉の飛散予報については、予報を出しているところによって微妙に違っています。自然、気象に関することなので、完璧な予報というのはなかなか難しいかと思います。

 

スギ花粉については2017年は今日明日の1月末から飛散がはじまるというところから来月2月10日の中旬から後半にかけて始まる予報が各社から出ています。

 

そして、花粉の飛散ピークについては地域によってムラがありますが例年と同じような3月にピークをむかえるようです。

 

西日本が3月初旬、中部から関東が3月上旬から中旬、北陸、東北が3月中旬から3月下旬ごろが花粉飛散のピークになるようです。

 

あっ!書き忘れましたがこの花粉飛散のピークに関する情報は言うまでもありませんが「スギ花粉」に関する情報です。

 

花粉症対策は、早め早めの対策がそのあと功を奏し、症状の重症化を防ぐことにもつながると言われています。

 

花粉の飛散データをこまかくチェックしてできるかぎり、スギ花粉、ヒノキ花粉を体内に入れないよう花粉症の方はもちろん、すこしヤバイかな?と思われている方は早急に花粉症対策をとられることをつとにおすすめいたします。

 

ダムが決壊してからでは遅いです!

 

早めの対応を!

 

【関連記事】
夏マスクは肌荒れを呼ぶ!アゴ下吹き出物対策



<スポンサードリンク>