地震保険の加入率が低い理由は?

2016-08-05_212519

 

今年四月に起きた熊本地震の影響なのか、私のまわりで地震保険に加入する人がちらほらと・・・。

 

我が家は戸建て住宅ですが、地震保険には加入してません。これまでに、世間話で聞くかぎり地震保険に加入してる世帯は少ないという話を何度も耳にしてきたからです。

 

阪神淡路大震災後も、東日本大震災の後も私の周りではそれほど地震保険に関する話題は上がっていませんでした。

 

しかし、ここに来てその流れがいくぶん変わったように感じたので、地震保険に関しては全く無知な私は、まずこの地震保険の加入率が低いと言われてきた理由についてさぐってみました。

 

地震保険の加入率が低い理由その1:保険料が高い!

2016-08-05_212558

 

基本的なことなのですが、地震保険は単独では加入できません。私これ知りませんでした。^^;

 

火災保険に付帯して加入する形になるのですが、地震保険の保険料が従来私達が支払っている火災保険の倍ほどの保険料になるそうです。

 

それだけ保険料が高いとさぞかし、地震が発生して自宅に被害があったときの補償額が大きいのかと思われがちですが、これが全くその逆で非常に低い保障額になっています。

 

おそらく、このあたりが地震保険の加入率が低い大きな理由になっているのではないでしょうか?

 

保険料は高いけど、保障額が低いとなるとだれしも加入を躊躇しますよね。

 



<スポンサードリンク>



地震保険に加入する際の審査が厳しいらしい

2016-08-05_212539

 

いろいろな情報を見ると、地震保険に加入するさいの審査が結構厳しいとの情報が目につきあmした。

 

このあたりも地震保険の加入率が低い理由の大きな原因になっているのではないでしょうか?

 

木造住宅だとか、耐震化されてない住宅だと審査に通らないみたいですね。うちの自宅も木造で耐震化されてないので、地震保険には加入できないような気がします。

 

しかし、今年発生した熊本地震では隣のうちは最近建ったばかりの耐震化された住宅が倒壊して、その隣の木造の住宅がほぼ何事もない状態で残ったという情報を耳にしましたが、この情報などを知ると地震保険ってなんなんだろうと思ってしまう一面もあります。

 

地震保険の全体像を考えると、加入率が低くなる理由も分かる気がする

2016-08-05_212458

 

冒頭でお話した私のまわりで熊本地震以降、地震保険に入る人が増えているというのは、まさに先ほど例に上げた建ってまもない耐震構造住宅でも大きな地震では倒壊するケースが十分にありえるという話が広まったからではないかと思います。

 

しかし、地震保険への加入率が高くなって加入世帯が増加した時点で、大きな地震が発生した時のことを考えると・・・・。

 

保険会社からすると、広い範囲に建ち並ぶ地震保険に加入してる住宅の保証をしないといけないわけで、一度に莫大な保険金を支払う必要が出てくるわけですね。

 

そういった時でも、契約どおりにきちんと保険金を支払う必要があるので、必然的に保険料も高くなり、加入審査も厳しくせざるをえなくなるのではないでしょうか?

 

これが、逆に地震保険の保険料が安くて地震があったときの保障内容も充実してたら、いざ地震があったときに保険会社が保険金を支払えなくなってしまう可能性が高くなるのではないでしょうか?

 

なので、なんだか変な感じがしますが地震保険の加入率が低い状態といのは、今の日本にとっては意外に正常なことなのかもしれませんね。

 



<スポンサードリンク>