酸素系の漂白剤で介護用パンツを洗濯して殺菌できるの?

 

高校の同級生が、昨年から実家で認知症の母親の介護をしています。大阪で仕事をしていたのですが、どうしても実家にもどって母親の世話をしないと危険だと判断して、会社を退職して、現在実家で両親と3人で生活しています。

 

母親は数年前からかなり認知症の症状が出ていたそうですが、なかなか病院に行きたがらず、伸び伸びになっていて昨年のはじめにようやく病院に行って診察してもらったそうです。

 

それで父親が薬を飲ませたり、身の回りの世話をしてたそうですが、いわゆる老々介護で父親のほうも体力的に限界がきてしまい、一人息子の同級生が仕事をやめて田舎の実家にもどり母親の介護をする毎日が昨年2月ごろからスタートしています。

 

その中で、色々わからないことや疑問い思うことがあるようで、今回はその中で一つ「洗濯」に関する、彼の疑問を耳にしたので、このことを取り上げたいと思います。

 

同級生A君の日常の介護(下の世話)

 

同級生の母親は、認知症との診断がおりたものの自分の足で歩くこともでき、食事も比較的しっかり食べる生活をしてるそうです。

 

それで、現在一番苦労するのが「下の世話」だそうで、夜の失禁はもちろん、昼間など「大便」を漏らしたりするそうで、その後始末がかなり大変だと言ってました。

 

夜寝るときに、使い捨ての介護用パンツをはかせて就寝させるそうですが、夜一人で起きてトイレに行きその介護用パンツがぬれていたら、そのパンツを脱ぎ捨て、尿とりパッドがついている介護パンツを自分ではいて寝るそうです。

 

寝る前に履かせた使い捨ての紙製介護パンツは、「5回分の尿を吸収する仕様」になっているそうですが、彼の母親は一度濡らしてしまったら、脱いでしまって「布製の介護用パンツ」に履き替えるそうです。

 

で、この布製の介護パンツが夜寝ているあいだに2枚ほど失禁により汚れてしまうそうで、この洗濯はほぼ毎日やっているそうです。

 

また、朝食をすませて1時間から2時間ほど経過した時間帯に、お尻の括約筋がゆるくなってしまってるのか「便意をもよおして」しばらくすると「便が出てしまう」症状が一ヶ月に数回あるそうで、この後始末が大変だと言ってました。

 

便意は自分で自覚してるそうですが、とにかくトイレに行く間に「もれてしまう」そうで、一旦トイレに入って「汚したパンツを脱いで」トイレから出てきて、洗濯してあるパンツをタンスから出している間に、まだ残っていた「便が床に・・・」。

 

便が出るのは、ご本人も分かるので、これはいけないと「便が出ている最中にトイレに向かう」そうで、そうするとトイレまでの途中の廊下などに「便が・・・」。

 

同級生のA君は、そのころバタバタしてる母親に気づき、自分の部屋を出て母親のもとに行くと床のあちこちに「便」が落ちて、家中が「便のニオイ」で充満してしまってるそうです。

 

それで、布製の介護パンツに便がたくさんついてしまっているときは、そのまま廃棄するそうですが、少量のときは洗濯するとのこと。

 

そのパンツを洗濯するときに、ふとある疑問がわいたそうです。

 

介護用の尿とりパッドがついている下着を洗濯するときに、酸素系の漂白剤で殺菌・除菌は出来るのか?

 

便がついていたり、尿がパッドにかなり吸収されている状態の介護用パンツを、普通の洗濯物とは別に、洗濯機で洗濯してるそうですが、このときに洗剤と一緒に「漂白剤」を投入してるそうです。

 

その漂白剤が「酸素系漂白剤」だそうで、あるときこの液体の酸素系漂白剤を投入しているときに、この酸素系の漂白剤って「殺菌や除菌の効果があるのだろうか?」という疑問をもったそうです。

 

なぜそう思ったのかというと、漂白剤は台所用とか、浴室用のカビを落とす市販の漂白剤はほとんどが「塩素系の漂白剤」になっています。



<スポンサードリンク>



 

塩素系だと殺菌や除菌はできるイメージなのですが、酸素系って殺菌や除菌はどうなの?って感じで疑問をもったようですね。

 

水道水や、プールなどの水も殺菌のために塩素を投入しますが、これらの「酸素系の殺菌剤」のようなものを入れるという話は聞いたことがありません。

 

そこで、調べてみました。

 

うちの自宅で洗濯用の漂白剤は、花王さんのワイドハイター。A君のところもおそらく、これを使っているだろうと考え、この花王のワイドハイターについて、花王の公式サイトで調べてみました。

 

■花王ワイドハイターEXの商品説明

http://www.kao.com/jp/widehaiter/whi_wideex_00.html

 

上記のページを見ると、「成分・用途・使い方・使用上の注意など」のところに、「消臭・抗菌」と記載があり、注意書きで「繰り返し選択することで抗菌性を発揮します。」と書かれています。

 

また「衣類の除菌に」という項目では、「すべての菌を除菌するわけではありません。」と書かれています。

 

・・・となると、介護用のパンツに付着した大便などを洗濯するときに、この漂白剤を使用して大腸菌とか、時期によっては「ノロウイルス」などの殺菌、除菌には少々役不足のような感じがしますね。

 

酸素系の漂白剤には、傷の手当をするときの消毒液に使用されている「過酸化水素」が入っているので、除菌・殺菌ができるようなことをネット上で記載されている方がいましたが、これは根拠があることなのでしょうか?

 

介護用のパンツは塩素系の漂白剤を使ったほうがよさそう

 

前章にリンクを入った花王さんのサイトで、他の製品について色々調べていたら、酸素系のワイドハイターとは別に、塩素系の「ハイター」というものを見つけました。

 

私は「ハイター」は、台所、キッチンで使用するものだと思っていたんですが「衣類用」の「ハイター」もあるんですね。

 

■ハイター 花王公式サイト

http://www.kao.com/jp/haiter/hit_haiter_00.html

 

それで、上記のハイターの説明書きを見ていたら塩素系の漂白剤ということもあり、

 

「除菌もできます」

 

としっかり書かれています。なので、下着に「便」などが付着してる場合は、塩素系の「ハイター」を使用して花王さんの公式サイトに記載されているようなやり方で洗濯するのがよさそうです。

 

ステンレスの洗濯槽だと、そのまま洗濯機に洗剤と一緒に投入して洗濯できると書かれているので、かんたんですね。

 

しかし、ワイドハイターが酸素系で、こちらのハイターが塩素系なので、間違って両方入れて「有毒ガス」が発生しないように、使用にあたっては十分注意が必要です。

 

「混ぜるな危険」のやつなので、ご使用を考えていらっしゃる方は、自己責任で十分注意してお使いになってください。

 

今回の調査結果を、同級生のAくんにも報告したいと思います。

 



<スポンサードリンク>