淡路島でのレンタカー移動は高速バスで島へ行って借りる?





 

淡路島に行って公共交通機関、特に路線バスを使って移動することを考えるのは止めた方がよいということを、私が好きなテレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が教えてくれました。

 

高速バスがメインで、しかも淡路島島内を移動する目的ではなく本州の神戸方面と四国へとの足として利用されているようで、島内移動のための路線バスは「路線バスの旅」を見ててあるみたいでしたが、本数が少なくとても不便なようでした。

 

となると、淡路島での移動は車での移動が必須と考えます。マイカーをお持ちの方は、そのまま神戸方面、もしくは四国方面から橋を渡って淡路島に行けますが、運転免許は持ってるが「車がない」方はレンタカーを利用されるかと思います。

 

その場合、神戸方面でレンタカーを借りて淡路島に行くのが良いのか、それとも高速バスで淡路島まで行ってレンタカーを借りるのがよいのか迷われるかと思います。

 

今回はその辺のどちらがお得なのかというあたりを調べてみました。

 

まずは条件の設定から

 

神戸方面でレンタカーを借りるのと淡路島でレンタカーを借りるのは単純にその料金を比較するのは今回のケースではあまり意味がないように思います。

 

どういうことかというと、淡路島にレジャー目的で行くとして、一日12時間島内を移動すると仮定します。

 

その場合、淡路島でレンタカーを借りる場合は12時間借りればよいですが、島外の例えば神戸方面から淡路島にレンタカーで行く場合は、神戸近辺のレンタカー店から淡路島までの往復の時間をプラスする必要があります。

 

これが、大阪市内にお住まいの場合で自宅近くで車を借りる場合はさらに往復の時間が長くなります。

 

なので、今回は神戸近辺にお住まいの方が自宅近くのレンタカー店で車を借りて淡路島に行くケースと、三宮から高速バスを利用して淡路島に行くケースを比較したいと思います。

 

ポイントは淡路島までの高速バス代と四国に渡る「橋」の通行料金

 

それで今回のどっちが得なのか?という問題の一番のポイントとなるのが、淡路島までの高速バス代と、車で橋を渡って淡路島に行く場合の通行料金(高速料金)が一番のポイントになるかと思います。

 

一般的に淡路島でレンタカーを借りて移動しようと考えるかたは、神戸方面からだと三宮から高速バスで淡路島に渡られるかと思います。

 

この時の高速バス料金が

 

淡路交通さんの高速バスを利用した場合



<スポンサードリンク>



 

神戸三宮駅 ⇒ 洲本バスセンター

片道:1,850円 往復:3,330円

 

上記のような高速バス料金になっています。

 

一方、神戸でレンタカーを借りて神戸淡路鳴門自動車道を使って橋を渡り淡路島に行く場合、高速最短で垂水インターから乗って橋を渡り淡路島の淡路インターで下りたとして

 

料金:軽自動車 2,370円
   中型車  3,960円
※いずれも現金での支払の場合

 

この時点で大方、今回の答えは出たようですね。

 

一人で淡路島に行く場合は、高速バスで淡路島に一旦渡ってレンタカーを借りたほうが得になりますね。

 

しかし、2人以上で行く場合は、神戸近辺でレンタカーを借りて行く方がお得なようです。

 

二人で高速バスで淡路島に行く場合、二人分の往復の高速バス料金が

 

3,330円 ×2人 =6,660円

 

で二人分の高速バス代から淡路島へ橋を使って渡る高速代(軽自動車)2,370円を引くとその差額が

 

4,290円になります。これから往復のガソリン代と神戸側で車を借りるレンタカー代と淡路島で借りるレンタカー代の差額が引いてプラスであれば、神戸エリアでレンタカーを借りたほうが得ということになります。

 

これが、淡路島に行く人数が増えればこの差額が大きくなるので、神戸エリアでレンタカーを借りた方がますますお得になりますね。

 

夫婦二人とお子さん二人の合計4人で淡路島に行くとすると、高速バス料金は人数分必要なので大きく跳ね上がりますね。

 

なので夏休みなどに家族4人で淡路島に行こうとされた時は、神戸方面でレンタカーを借りて淡路島に渡った方がかなりお得になるかと思います。

 

今年の夏休みはこの4月に新しく出来たハローキティスマイルに足を運ばれるご家族も多いと思いますので、今回の情報を是非参考にしてみてください。

 



<スポンサードリンク>